「なにわ男子 LIVE TOUR 2023 ‘POP MALL’」
なにわ男子のラブリーとハッピーに溢れるショータイム

2023.09.01

7月にリリースしたセカンドアルバム『POPMALL』を引っ提げて、全国9カ所を巡るコンサートツアー「なにわ男子 LIVE TOUR 2023 ‘POPMALL’」で弾けるようなフレッシュな魅力を放っているなにわ男子。7月27日の大阪城ホール公演から始まったツアーも中盤に突入。後半戦へ向けて、メンバーの長尾謙杜が手がける衣装に注目し、8月13日の横浜アリーナ公演を振り返ります!

思い切りキュートな
ジェントルマンを体現したオープニング

なにわ男子の架空のショッピングモール「POPMALL」が舞台。思い切りポップでカラフルなPOPMALLに登場したのはアクリルスタンドに扮した7人のメンバー。そのキュートな姿に会場のワクワク度数は急上昇。身にまとっているオープニング衣装は、軽やかなライムグリーン、レモンイエローがベースのタータンチェックのセットアップ。ところどころ、ポイントカラーをスパンコールのラインやベルベットのリボンで配している。さらにトリコロールをネクタイやパンツのサイドライン、ジャケットの裾やディテールのパイピングに効かせたあしらいが爽やかさをプラス!観客の胸を一目できゅんとさせるオープング衣装が、フレッシュで可愛らしいなにわ男子の魅力を存分に輝かせている。

揃いの衣装ではあるけれど、体格や個性に合わせて細かくデザインをアレンジ。ジャケットであればその丈やボタンの数、シングルかダブルか、衿の形などで異なりを見せ7人7様の表情がある衣装になっている。なにわ男子らしさを感じたキーアイテムは、巻きスカート。道枝駿佑長尾謙杜の一見ハイウエストで切り替えたコートに見えるスタイルも、よくよく見てみるとショート丈のジャケットに巻きスカートを合わせた2ピースになっている。これはダンスやパフォーマンスでの身体の動きを加味したうえでデザイン性を高めステージ衣装へと昇華。同じく巻きスカートで言えば、大西流星大橋和也のジャケットの下にちらりとのぞきバックスタイルでは動きに合わせてその存在感を増すプリーツもかわいい。ボウタイがお似合いの西畑大吾はジャケットの裾のレイヤーもアクセントになっていて、スタンダードな2つボタンのジャケットは高橋恭平のスタイルの良さを際立たせている。藤原丈一郎が着たショールカラーのジャケットも小粋なムードを持っている。 フレッシュな感性をファッション性と兼ねそなえつつ、なにわ男子らしさを具現化したオープニング衣装は、長尾の才能と可能性が光る見事な一着!

オープニングの勢いはそのままに、ミニバギーに乗ったメンバーたちが花道を疾走するなど、“ドキドキ”と“楽しい”が次々に飛び出してくるようなステージと演出に会場のときめきがとまらない。

NEXT:ライブ中盤から後半にかけての衣装に注目!

RELATED POST

2023-’24年秋冬パリ・コレクション/フランス・モード研究所(Institut Français de ...
【Snow Man、SixTONES、Sexy Zone、Hey! Say! JUMPなどの衣装レポート】一人ひとりを輝...
Sexy Zone第2章の幕開け!「SEXY ZONE LIVE TOUR 2023 ChapterⅡ」進取果敢なエボリュ...
文化学園出身の100人のクリエイターをご紹介!
「KAT-TUN LIVE TOUR 2023 Fantasia」KAT-TUNという美学と在り方
Snow Manのニューシングル『タペストリー / W』が発売中!
「Snow Man 1st DOME TOUR 2023 i DO ME」9の個性と9の思考の結実Snow Manの多幸感あふ...