• HOME
  • CULTURE
  • NEWS
  • BiSHのモモコグミカンパニーさんが 小説『御伽の...

BiSHのモモコグミカンパニーさんが
小説『御伽の国のみくる』を刊行

2022.06.06

楽器を持たないパンクバンド「BiSH」のメンバーであり、エッセイを手がけるなど作家としても活躍しているモモコグミカンパニーさんが、初の長編小説『御伽の国のみくる』(¥1,375 河出書房新社)を刊行。自身にとってもお守りのような物語になったという本作は、アイドルの夢にもがき、悩みながらメイド喫茶でアルバイトをする主人公の友美が、信頼していた人からの裏切りやねたみを受け、その失望の果てに何を見つけていくのかが描かれている。

『装苑』2022年7月号掲載

RELATED POST

MISATO ANDO に聞いた今、注目のマルチクリエイター <林田 陸>
池田エライザが表紙を飾る『装苑』5月号の特集は「ファッション愛を語らせて」
「京都がパリに招かれた」フォーションホテルパリで、日仏二人のシェフが食の共演!
話題の展覧会が開催中!蜷川実花×末安弘明(KIDILLデザイナー)対談。20年ぶりの再会...
簡単スイーツレシピ #8 渡辺麻紀さんの〈マンゴーバー〉