• HOME
  • CULTURE
  • ART
  • スーツケースRIMOWAの世界巡回展「AS SEEN BY」...

スーツケースRIMOWAの世界巡回展
「AS SEEN BY」が東京で開催決定!

Michal Sycz

高性能なスーツケースで世界をリードするブランド「RIMOWA(リモワ)」の世界巡回展「AS SEEN BY」が8月26日(金)から29日(月)の3日間、東京・表参道にて開催決定。1923年に初のアルミニウム製スーツケースを発表して以来、印象的でミニマリストなリモワの代名詞となった。この結びつきを称え、リモワとアート集団の「The community(ザ・コミュニティ)」がキュレーションを務めた巡回展となっている。

Quentin Vuong

Nick Ross

「AS SEEN BY」シリーズは、パンデミック以前にアーティストを擁護する活動として開始。ロックダウン後には旅が制限されたことにより、スーツケースの製造に使用する原材料をアーティストに提供し作品制作を委託するシリーズとして生まれ変わった。

現代アーティストやクリエイティブスタジオ、工業デザイナーまで様々なアーティストにアルミニウムシートやスペアパーツを含む材料を提供し、クラフツマンシップとユニークな表現で選ばれたアーティストたちが作品を制作。

Klemens Schillinger

Fabian Bergmark

東京での展覧会では、世田谷のコーヒーショップ「OGAWA COFFE LABORATORY」などの空間デザインを手がける関祐介さんや、多摩美術大学で金工を学びアルミニウムの新しい工芸的表現を探究する永瀬二郎さんなど日本人アーティストの作品に加え、違和感のある日常技をコンセプトに掲げる日本ブランド「doublet(ダブレット)」がリモワのvol.1カプセルコレクションのために制作した作品が展示される。

VOl1 Doublet

共通の素材を使うことによって展示全体に統一感のある視覚的言語を生み出すことに成功。リモワのトレードマークであるアルミニウムのミニマルさは、アーティストの個性を引き立たせている。

東京開催後も、各地各国のローカルアーティストの作品を追加しながら最終開催地ドイツ・ベルリンにて展示を行う。展示期間中は会場近隣RIMOWAストア表参道でも一部作品を展示。8月10日(水)以降、RIMOWA公式LINEアカウントより優先入場予約が可能。

馴染みあるスーツケースが七変化し魅せるアート作品。アーティストのクラフトマンシップを観賞してみてはいかが?

RIMOWA「AS SEEN BY」

会期:2022年8月26日(金)〜8月29日(月)

場所:BA-TSU Art Gallery

   東京都渋谷区神宮前5-11-5

時間:11時〜20時 入場無料

問い合わせ:リモワ クライアントサービス

TEL:072-994-5522

RIMOWA

WEB:www.rimowa.com

IInstagram:@rimowa

Twitter:@RIMOWA

RELATED POST

プロップスタイリスト・アレックスの初個展が開催
熊本市現代美術館開館20周年記念不思議の森に棲む服 ひびのこづえ×KUMAMOTO展(熊本)
【SS2023パリコレ・メンズ】待望の日本勢の活躍vol.4 ダブレット
【パリの私スタイル】vol.38ブラックハットで遊んだカジュアルスタイル
シャネルより、ツイードからインスパイアされたアイシャドウ パレットが登場!
新鋭ジャニクサ・ブラヴォー監督に尋ねた、新作『Zola ゾラ』までの道のりと映画にちり...
今すぐ行きたい!Art Timeline
石原海 個展「重力の光:北九州篇」が開催中。映画「重力の光」の上映も
スズキエイミ個展「New L'art pour l'art」がヴァニラ画廊にて開催。
「A Quiet Sun」田口和奈展(東京)
100年先を見据えたものづくりの軌跡をたどる展覧会「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく...
「HELLO NIGHTMARE」 maum(東京)