• HOME
  • CULTURE
  • ART
  • 『大竹伸朗展』約500点の作品が一堂に会す、16年...

『大竹伸朗展』約500点の作品が一堂に会す、
16年ぶりの大回顧展開催

《ミスター・ピーナッツ》 1978-81年 91×72.5cm 個人蔵

絵画、版画、素描、彫刻、映像、絵本、音、エッセイ、インスタレーション、建造物に至るまで、1980年代から活躍してきた、現代日本を代表するアーティスト、大竹伸朗(1955年生まれ)の大回顧展が2月5日(日)まで開催中。

『銅の時代 1978-2022』 大竹伸朗 著/¥9,900 美術出版社/https://oil.bijutsutecho.com/artist/121

1970年代からの版画集も2022年11月に刊行され、要注目。

大竹伸朗展
期間:開催中〜2023年2月5日(日)
場所:東京国立近代美術館 1階 企画展ギャラリー、2階 ギャラリー4
   東京都千代田区北の丸公園3-1
時間:10:00〜17:00 ※金・土曜は20:00まで
TEL:050-5541-8600
休館日:月曜、1/10(1/9は開館)
観覧料:一般¥1,500、大学生¥1,000
WEB:https://www.takeninagawa.com/ohtakeshinroten/

『装苑』2023年1月号掲載

RELATED POST

映画『スワンソング』試写会、ゆっきゅん×カナイフユキ、そしてスペシャルゲストにヴ...
「ジェフ・クーンズ×ベルナルド」展(石川)
『不思議の国のアリス』にまつわる様々な作品が集結した初の大規模展が開催!
東京を代表するアートの祭典「六本木アートナイト 2022」が開催!
モトーラ世理奈が、ジェーン・マープルを着てアリスに!
ガブリエル・シャネルの仕事にフォーカスする回顧展「ガブリエル・シャネル展 Manifes...
【装苑ONLINEユーザー限定 独占試写会!】実在の伝説的ヘアメイクドレッサーを描く、勇...
ディーゼルのアイコンバッグ「1DR」からミニサイズが登場!
マリー・クワントの業績をたどる展覧会「マリー・クワント展」の招待券をプレゼント!
塩田千春「朝、目が覚めると」(愛知)
BEAMS BOYとメトロポリタン美術館のコラボレーションアイテムが登場!
快適さと女性らしさを追求した下着ブランド「naensis」がデビュー