【From パリ支局】「履物」ってなぁ〜に?

--文化出版局パリ支局より、イベントや展覧会、ショップなど、パリで日々見つけたものを発信。

パリの装飾芸術美術館で「マルシュ・エ ・デマルシュ(歩くこと、そして歩み)」と題し、古今東西の履物にスポットを当てた展覧会が開催されています。履物とは足に着用するものの総称であり、毎日使う必需品。そして、時代、国、宗教、仕事、男女によって、素材や形がさまざま。履いている人は何者なのかを語るアイテムでもあります。


hakimono_2019_nov1.jpg

会場入口


hakimono_2019_nov2.JPG

ヨーロッパで成人女性が履いていたサイズ20センチの靴(17世紀)。この時代は小足であることが可愛い女性の条件でした


hakimono_2019_nov3.jpg

江戸時代の花魁の下駄(16世紀後半)


hakimono_2019_nov4.JPG

インドで巡礼の最後に履かれていたパドカ(16世紀)


hakimono_2019_nov5.JPG

ネイティブ・アメリカン、チョクトー族が履いていた本物の熊の足で作ったモカシン(18世紀)


hakimono_2019_nov6.JPG

エジプトの女性用のカブカブ、ハマムの中で足を熱さから守るためのもの (20世紀初め)


hakimono_2019_nov7.JPG

ゲートル付きアメリカ軍の軍靴(1944年)


hakimono_2019_nov9.jpeg

本物の馬の足を用いたヒールのアート作品、Iris Schieferstein 作(2006年)


hakimono_2019_nov11.jpg

ザハ・ハディッドとレム・D・コールハースがデザインした靴(2013年)


hakimono_2019_nov8.JPG

シンデレラのポスター


hakimono_2019_nov10.jpg

展示の様子


約500点の展示品で履物の様々な物語を紹介する展覧会です。

2020年2月23日まで
"Marche et Démarche - une histoire de la chaussure"
(歩くこと、そして歩み - 靴の話)
場所:装飾芸術美術館(Musée des Arts Décoratifs)
   107 rue de Rivoli, 75001 Paris
時間:11:00~18:00(木曜〜21:00) 月曜休
入館料:11ユーロ
TEL:+33 (0)1 44 55 57 50
オフィシャルサイト

Text: 濱 千恵子( Chieko HAMA / B.P.B. Paris)

MORE CULTURE CONTENTS

  • What's new

    最新記事

  • Ranking

    人気記事

What's new

ranking

Calendar

開催中のイベントをチェックしよう

MAGAZINE

最新号の詳細はこちら