【From パリ支局】パリの桜も満開!

--文化出版局パリ支局より、イベントや展覧会、ショップなど、パリで日々見つけたものを発信。

"桜"といえば日本ですが、この時期になるとフランスでもみごとに桜が咲き誇ります。

sakura_30mars2021_01.jpg


パリで最も親しまれているのは、植物園に植えられた白妙(シロタエ)という品種の一本桜。八重桜(ヤエザクラ)の一種で、花びらが多くふっくらとした形の花を咲かせます。

3月最後の週末はお花見に絶好な小春日和となり、多くの人が訪れていました。ですが、公園での飲酒が禁止されているフランスでは、日本のように花を愛でながらお酒を飲む習慣はありません。家族連れや友人同士のグループが満開の桜を囲み、香りを楽しみ、記念撮影をする、ほのぼのとした光景が見られました。

sakura_30mars2021_02.jpgsakura_30mars2021_03.jpgsakura_30mars2021_04.jpg

パリ植物園の名物桜の白妙は、名前のとおり真っ白な花を咲かせます。地を這うように枝を伸ばした末広がりの姿は、見ているだけで穏やか気持ちに。


sakura_30mars2021_06.jpg

パリの中心部に立つサントゥスタッシュ教会にも桜が似合います。


sakura_30mars2021_05.jpg

花の中から顔を覗かせるエッフェル塔。


さぁ、日本でもフランスでも、春を楽しみましょう!


Text&Photographs: B.P.B. Paris

MAGAZINE

『装苑』2021年5月号、3月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top