• HOME
  • MUSIC
  • RIIZEが待望の日本デビュー決定!意気込みを語っ...

RIIZEが待望の日本デビュー決定!
意気込みを語った公開インタビュー会の全文レポートと日本初の単独公演「2024 RIIZE FAN-CON ‘RIIZING DAY’ in TOKYO」の様子をお届け!

2024.05.13

左からアントン、ソヒ、ウォンビン、ウンソク、ショウタロウ、ソンチャン  撮影:田中聖太郎

K-POP第5世代トップティアとしてグローバルな人気を誇るRIIZEが、世界9カ国をめぐる初のファンコンツアー日本公演「2024 RIIZE FAN-CON ‘RIIZING DAY’ in TOKYO」を5月11日(土)、12日(日)に東京・国立代々木競技場第一体育館にて開催。 初日の公演中に「7月に初の日本全国ホールツアー開催」「9月に日本デビュー決定」がメンバーより発表され、本格的な日本活動のスタートを明かした。また、12日(日)にはメディアに向けて『公開インタビュー会』を行い、フォトセッションや、質問に答え日本デビューへの意気込み、目標を語った。

この記事では、公開インタビュー会の全文レポートと、大熱狂に包まれたファンコンツアー2日目(12日公演)の模様をお届けします。

撮影:田中聖太郎写真事務所

RIIZE

ショウタロウ、ウンソク、ソンチャン、ウォンビン、ソヒ、アントンからなるグローバルK-POPグループ、RIIZE。「成長する(Rise)」と「実現する(Realize)」という意味の英単語を合わせて作られたグループ名で、「共に成長し夢を実現して進むチーム」という意味が込められている。2023年9月4日、初のシングルアルバム「Get A Guitar」で正式デビュー後、1週間でアルバム販売量101万枚を突破しミリオンセラーを達成。2023年度の授賞式ではデビュー4ヶ月で新人賞4冠を含む全6個の賞を獲得する快挙を成し遂げ、ルイ・ヴィトンのハウスアンバサダーに抜擢されるなどファッション界からも高い注目を浴びている。また、「第38回日本ゴールドディスク大賞」では昨年デビューしたK-POPグループで唯一RIIZEが「Best 3 new artists」を受賞し、デビューから快進撃を続けてきている。

フォトセッションからスタートした
公開インタビュー会

グループ名「RIIZE」の由来となった「Rise(成長する)」「Realize(実現する)」という文字がプリントされたオリジナルテキスタイルのナイロンセットアップで登場したメンバー。オーバーサイズのヒップホップスタイルであり、近未来的サイバーな要素を感じさせる電子蛍光板のプリントがRIIZEらしい衣装となっている。

フォトセッションとムービーセッション終了後、1人ずつ自己紹介へ。

撮影:田中聖太郎


アントン:はい。こんにちは!僕はRIIZEのアントンです。

撮影:田中聖太郎


ソヒ:こんにちは!僕はRIIZEのソヒです!

撮影:田中聖太郎

ウォンビン:こんにちは〜!僕はRIIZEのウォンビンです。今日はよろしくお願いします。

撮影:河村美貴


ウンソク:こんにちは。RIIZEのウンソクです。よろしくお願いします!

撮影:河村美貴


ショウタロウ:こんにちは。RIIZEのショウタロウです。本日はよろしくお願いします。

撮影:田中聖太郎


ソンチャン:こんにちは。RIIZEのソンチャンです!今日はよろしくお願いします!

【全文レポート】公開インタビューがスタート!
日本デビューを迎えるメンバーの意気込みと思いとは?

今年の9月に日本デビューシングルの発売と7月に日本で初の全国ホールツアーの開催を発表したRIIZE。メンバーは事前に記者から集った質問に回答。本格的な日本活動をスタートさせる、今後の意気込みや目標を語ってくれました。

Q.日本デビュー前からすでに多くのファンの方に愛されていますが、多くの方に支持されている理由や、これからも見せていきたいRIIZEだけの魅力は何だと思いますか?

ショウタロウ:多くの人に応援していただくことに対して、ありがたいなと思っているのと、僕たちのパフォーマンスや音楽にたくさんの方々が共感してくださったのではないかと感じています。

ソンチャン:僕たちが応援していただいている理由として、夢に向かって走っている姿を一緒に体感していきたいという思いがあるのではと考えています。僕たちの特別な点があるとすればリアルタイムオデッセイを通じて日頃の活動や練習のプロセスを皆さんと共有しているということではないでしょうか。

ショウタロウ:今後も僕たちはジャンルにとらわれず、多彩な音楽パフォーマンスをお見せすることができればいいなと思っています。

Q. 日本の活動で期待していること、やってみたいことを教えてください。

ウォンビン:太るために、美味しいものをたくさん食べてみたいです!

ソヒ:日本にある露天風呂で温泉を楽しんでみたいです!

Q. ホールツアーで全国を回る時に楽しみにしていることを教えてください。

ウンソク:昨日の公演の時、日本のBRIIZE(ブリーズ:ファンの愛称名)の皆さんの表情がとても明るく、幸せな表情だと感じました。ツアーの時にもそのような顔を見ることができるのではないかと楽しみにしています。

アントン:日本で行ったことのない場所に行ってみたいです!そして、日本にいるBRIIZEにお会いできることを考えると今からとてもワクワクしていますし、とっても楽しみです。

Q.日本出身であるショウタロウさんは、先日(11日)の公演では、ファンの皆様から「おかえり」という言葉があったりと、日本での活動に感慨深いものがあったのではないでしょうか。最後に涙ぐむ場面もありましたが、あの時のお気持ちをお教えください。

ショウタロウ:温かくおかえりという風にファンの皆さんが迎えてくださったことにすごく感動しました。あとは、デビューするまでにいろいろ準備してきた過程などが一気によみがえってきて、込み上げてきたものがありました。

Q.ウンソクさんが涙ぐむショウタロウさんをよしよしと慰める姿が印象的だったのですが、その時のお気持ちは?

ウンソク:普段は、最年長のお兄さんということもあって、涙をなかなか見せることのないショウタロウさんが、ステージの上で感動の涙を流しているのを見て、こんな一面もあるんだな、ショウタロウお兄さんもこれまで色んな思いを抱えてきたりしていたのかなと、そんなことを思うきっかけにもなりました。

Qそうだったんですね。実は、あの時アントンさんも涙されていましたよね?

アントン:僕はショウタロウさんが泣いているのを初めて見たような気がします。 その姿を見て、熱いものがこみ上げてきました。もう1つは、代々木体育館のように大きな会場でRIIZEが公演をするのは初めてだったので、 遠くの席の方でも僕たちの名前を書いたプラカードやうちわなどを持ってくださっているファンの姿を見て感極まりました。僕たちはただひたすら自分たちが好きなことをやっているだけなのに、そんな僕たちのことを好きだと言ってくださる方がこんなにたくさんいらっしゃったんだということを実感できて、その瞬間、泣いてしまいました。

ありがとうございます!素敵なエピソードですね。
Q.様々な活動で、世界各国訪れることがあると思うのですが、これから行ってみたい国はありますか?

ソンチャン:僕はまだカナダに行ったことがないので、カナダでコンサートなのか、またはミュージックビデオの撮影なのか……訪れてみたいです!

アントン:僕はメンバーと一緒にロサンゼルスには行ったことがあるのですが、その反対側にあるニューヨークシティに行ってみたいです。メンバーのみんなと素敵な何かを行うことができたら、すごく楽しいのではないかなと想像しています。

Q. 今後の夢や目標は?また、それを叶えるために努力していることを教えてください。

ショウタロウ:全世界にいるBRIIZEに会いに行くのが目標です。まだRIIZEを知らない人にも知ってもらいたいという思いと、ホールツアーも決定したので、メンバーと怪我なく成し遂げることができたら嬉しいです。9月にある韓国での公演も無事終えることができるといいなと思っています。

ウンソク:僕もショウタロウさんと同じように、全世界の人々に僕たちのことを知っていただけるようになりたいです。また、メンバーが健康に怪我なく活動を続けていけると嬉しいです。

Q. 今後の活動について計画を教えてください。

ソンチャン:これから日本でも活動をしていきますし、韓国でもカムバックを控えて今は準備をしているところです。 たくさん期待していただけると嬉しいです。そして、僕たちのチームの名前、RIIZEの通り、これからも成長して夢を実現させていくつもりでいます。ぜひ注目していただけると幸いです。

ショウタロウ:まずは「2024 RIIZE FAN-CON ‘RIIZING DAY’」で、全世界回る予定ですが、これを無事成功に収めたいです。また、日本でも活動が始まるので、たくさん応援していただけたら嬉しいです。今は1ヶ月に1度は日本にイベントなどで帰ってくることができているので、これからもペースを落とさず、日本で活動していきたいです。

Q.ありがとうございます!あっという間にお時間がきてしまいました。では、ショウタロウさん。日本活動を本格的にスタートするRIIZEを代表して最後に一言いただけますでしょうか。

ショウタロウ:昨日、今日と本当にたくさんのBRIIZEが応援してくれました。今後はさらに準備していることがあるので、これからも関心を持って応援していただけると嬉しいです。ありがとうございました!

最後には全員で「以上!RIIZEでした!ありがとうございました!!」と挨拶をし公開インタビュー会が終了。待ちに待った日本デビューを遂に果たすRIIZEの今後に期待!

NEXT 「日本初の単独公演「2024 RIIZE FAN-CON ‘RIIZING DAY ’in TOKYO」の最終日12日(日)のライブレポート!」

RELATED POST

平野紫耀さん、RIIZE、岩田剛典さん(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)など...
【撮り下ろし】&TEAM(エンティーム)「五月雨(Samidare)」ショーケースレポート...
平野紫耀、横浜流星、TOMORROW X TOGETHER、ラウール(Snow Man)......パリ・メンズフ...
HIDESIGN(ハイドサイン)がファッショナブルに楽しむ機能服を提案。Rakuten Fashion ...
ファレル・ウィリアムスによるルイ・ヴィトン第二弾は、アメリカ西部がテーマ。2024-’...
シャネルは伝説の場所ドーヴィルへのオマージュ。2024-’25年秋冬パリ・ファッションウ...
好きを諦めないでほしいから“永遠のお気に入り”をこめるコレクションFETICO Rakuten...
ディオールは自立した女性のパイオニア世代が着想源に。2024-’25年秋冬パリ・ファッシ...
ミュウミュウは個性の成長を反映して移り変わる衣服を考察。2024-’25年秋冬パリ・ファ...
アンリアレイジの原点を再解釈 新メンズライン anrealage homme(アンリアレイジ オム...
SHINYAKOZUKA(シンヤコヅカ)のISSUE #5は幻想と現実が交わる“冬のご馳走”をつめこ...
豊かな色彩と絶妙なバランス感覚が光るドリス ヴァン ノッテン。2024-’25年秋冬パリ・...