窪塚愛流×蒔田彩珠 
特別すぎる7日間を描く『ハピネス』を演じて得た初めての感覚。ロリータファッションのこと、二人が考えるハピネスとは。

心臓の病気のため、医師から余命を1週間と告げられた高校2年生の由茉と、残された由茉の時間を幸せなものにしようと奮闘する恋人の同級生、雪夫の7日間を映し出した映画『ハピネス』(全国公開中)。『下妻物語』を著した嶽本野ばらさんの同名の恋愛小説を原作に、映画『月とキャベツ』『花戦さ』などで知られる篠原哲雄監督がメガホンを取り、若手俳優の注目株二人、窪塚愛流さんと蒔田彩珠さんを主演に迎えて完成した。

憧れのロリータファッションを身にまとい、好きなカレーを食べて、大好きな人と過ごす。自分の意思で幸福な日々を選び取った由茉と、そこに寄り添い気持ちを受け止め続ける雪夫を演じたお二人に、本作で過ごした特別な時間について、尋ねました。

photographs :  Jun Tsuchiya (B.P.B. ) / styling : Kentaro Ueno (Airu Kubozuka), Masako Ogura (Aju Makita) / hair & make up : Katsuyoshi Kojima (TRON,Airu Kubozuka),Eriko Yamaguchi (Aju Makita) / interview & text : SO-EN

蒔田:あの撮影の日が、ちょうど『ハピネス』のクランクインの日だったんです。

蒔田:学校の美術室で、雪夫と二人で絵を描いているシーンです。回想シーンは最初に撮影していました。

蒔田:役柄自体、今まで演じたことがないキャラクターだったのですが、一番チャレンジだったのは、言葉遣いです。セリフの言葉が原作に忠実だったので、そこは挑戦になりました。

蒔田:セリフとして言うのは難しかったよね。

窪塚:ロリータファッションのブランド名も難しいのに、それを流暢に、一度も間違えずに言ってお芝居している蒔田さんを見て、すごいな!さすがだなと思っていました。

蒔田:あの場面は、あまりのカタカナの多さに、どうしよう!って内心焦っていました(笑)。

蒔田:それは、衣装の力が大きかったです。普通の衣装でああいうしゃべり方をしたらギャップが生まれて、違和感が出てしまうと思うのですが、ロリータファッションをしているからこそ、「〜なのです」というような話し方もしっくりきました。

窪塚:雪夫も、由茉って名前で呼ぶのではなく「君」と言っていたり、「〜じゃないか」という語尾を使ったり、普段自分が使わないような言葉が多くありました。そこに、違和感が出ないように何回も何回もセリフを言うことで慣れさせていきました。
僕にとって挑戦だったのは、心情を理解すること。雪夫は考えることが多い役だったので、自分の中でそのどれもをわからないままにはせず、一つ一つの心情にはっきりした気持ちを持って演じたいと思ったんです。そこは結構、難しかったポイントです。

NEXT 思わず涙してしまう場面のこと、二人は「ハピネス」というタイトルをどのように解釈した?

RELATED POST

『ブルーバック あの海を見ていた』ミア・ワシコウスカインタビュー。オーストラリアに...
藤原季節インタビュー。「宝物のような映画」、『東京ランドマーク』のかけがえのない...
平野紫耀、横浜流星、TOMORROW X TOGETHER、ラウール(Snow Man)......パリ・メンズフ...
ディオールのエスプリに宿る唯一性と真正性。2024年春夏オートクチュールウィークより
ディオールは自立した女性のパイオニア世代が着想源に。2024-’25年秋冬パリ・ファッシ...
BOYYのファーサンダル 2023秋冬トレンド 「エンドレス試着室」#73
ジェニ(BLACKPINK)がキャンペーンビジュアルを務めるTAMBURINSからパフュームバーム...
Netflixで原案&主演の賀来賢人さんに「忍びの家 House of Ninjas」インタビュー。“ワ...
奥平大兼のジャケットマスターへの道!vol.3 縫製編