2022年度LVMHプライズのセミファイナリストがパリに集結。ファイナリストの発表、間もなく!

2022.03.24

今年のセミファイナリストたち。後列中央には、ルイ・ヴィトンのアンバサダーを務めるチョン・ホヨンさんの姿も。

若手ファッションデザイナーの育成・支援を目的としたLVMHプライズ(LVMH PRIZE)のセミファイナリスト20人がパリに集まり、3月4日と5日に合同ショールームが開かれました。

審査員が訪れるこのショールームは、候補者たちにとって直接自身のコレクションをアピールできる場です。最終審査に進めるのは8人のみ。優勝者には賞金30万ユーロ(約4,000万円)のほか、LVMHチームによる1年のメンターシップが提供されます。ファイナリストの発表は3月24日、間もなくです!

今回、選出されたセミファイナリストたちの国籍は、ベルギー、カナダ、中国、フランス、アイルランド、イタリア、日本、ナイジェリア、韓国、スペイン、英国、米国、スリランカ(初)と13か国におよび、クリエイティブ面でも多様性に富むコレクションが揃っていました。その中から、いくつかのブランドをご紹介します。

●リュウノスケオカザキ(RYUNOSUKEOKAZAKI)

デザイナーの岡﨑龍之祐さんは広島出身。ブランドを立ち上げたのは2018年で、セミファイナリストに選出された唯一の日本人。昨年、東京藝術大学大学院(美術研究科デザイン専攻)を修了し、9月に東京コレクションに初参加しました。作品は布の彫刻という表現がぴったりなドレスやヘッドピースなどで、インパクトのある造形を見せています。自然と人の関係性やプリミティブなものからインスピレーションを得ていて、縄文土器からイメージされたピースもあります。

岡﨑さん(写真上左)と作品。ドレスを着たモデルさんの感想は「クッション性があって、着心地がとってもいい!」。

アシュリン(ASHLYN)

デザイナーのアシュリン・パークさんはニューヨーク在住の韓国人。東京の文化ファッション大学院大学(BFGU)在学中の2008年に「装苑賞」でイトキン賞を受賞。ヨウジヤマモトやラフ・シモンズ率いるカルバン・クラインなどで経験を積み、2020年に自身のブランドを設立しました。コレクションで使われるほとんどの生地は日本のもの。聡明な雰囲気のクチュールドレスや1枚の布から製作したゼロ・ウェイストの作品などを提案しています。

パークさんと作品。

トウキョウ ジェームス(TOKYO JAMES) 

スタイリストとしてロンドンでキャリアをスタートしたイニエ・トウキョウ・ジェームスさんは、クリエイティブディレクターとしても活躍した後、故郷であるナイジェリアのラゴスに拠点を移し、自身の名を冠したメンズブランドを立ち上げました。コレクションは、エッジの効いたコンテンポラリーなデザインで、遊び心のあるプリントや装飾が目を引きます。彼の名前のトウキョウは、両親が出会った場所が東京だったことから命名されたのだそうです。

ジェームスさん(写真上右)と作品。

ロイシン ピアス(ROISIN PIERCE)

デザイナーのロイシン・ピアスさんはアイルランド出身。ダブリンのアート&デザイン国立大学でテキスタイルデザインを学び、2019年のイエール国際フェスティバルで、シャネルがサポートするメティエダール賞と市民賞を獲得し注目を集めました。使用するマテリアルは白のみ。地元アイルランドを制作拠点に、伝統的なニードルレースを取り入れるなど、クラフツマンシップを盛り込んだピュアでロマンティックなコレクションを発表しています。

ピアスさんと作品。

「ERL」 のイーライ・ラッセル・リネッツさんと作品。

「BLUEMARBLE」 のアンソニー・アルバレスさんと作品。

「S.S. DALEY」の作品。

「YUEQI QI」の作品。

会場の様子。

【LVMHプライズ2022 セミファイナリスト一覧】

「AIREI」 ドリュー・カリー(米国)、メンズ

「AMESH」 アメシュ・ウィジェセカラ(スリランカ)、ジェンダーレス

「ASHLYN」 アシュリン・パーク(韓国)、ウィメンズ

「BLUEMARBLE」 アンソニー・アルバレス(フランス)、メンズ

「CHENPENG」 ペン・チェン(中国)、ジェンダーレス

「ERL」 イーライ・ラッセル・リネッツ(米国)、ウィメンズ/メンズ/ジェンダーレス

「GOOMHEO」 グム・ヘオ(韓国)、メンズ/ジェンダーレス

「KNWLS」 シャーロット・ノールズ(英国)、アレクサンダー・アルスノー(カナダ)、ウィメンズ

「MAXIMILIAN」 マクシミリアン・デイヴィス(英国)、ウィメンズ/メンズ

「MERYLL ROGGE」 メリル・ロッゲ(ベルギー)、ウィメンズ/ジェンダーレス

「NICCOLO PASQUALETTI」 ニコロ・パスカレッティ(イタリア)、ジェンダーレス

「PALOMO SPAIN」 アレハンドロ・ゴメス・パロモ(スペイン)、ジェンダーレス

「PAULA CANOVAS DEL VAS」 パウラ・カノヴァス・デル・ヴァス(スペイン)、ウィメンズ

「ROISIN PIERCE」 ロイシン・ピアス(アイルランド)、ウィメンズ

「RYUNOSUKEOKAZAKI」 岡﨑龍之祐(日本)、ジェンダーレス

「S.S. DALEY」 スティーブン・ストーキー・デイリー(英国)、メンズ

「TOKYO JAMES」 イニエ・トウキョウ・ジェームス(ナイジェリア)、メンズ

「WEINSANTO」 ヴィクトール・ブランスタン・ヴァインサント(フランス)、ウィメンズ

「WINNIE NEW YORK」 イドリス・バログン(米国)、メンズ

「YUEQI QI」 ユェチ・チ(中国)、ジェンダーレス

LVMHプライズ公式サイト:www.lvmhprize.com

Photos&Text : B.P.B. Paris

RELATED POST

ダイナミックなフォルムを描く「RYUNOSUKEOKAZAKI」のファーストコレクション
3周年を迎えたシューズブランド「kurun TOKYO」から、スクエアトゥのバレエシューズが...
「トッズ」から、バレンタインデーのためにつくられたスニーカーが登場!
「メゾン キツネ」から、岩田剛典さんがディレクターを務める「NERD MIND」とコラボレ...
『装苑』7月号で女優の見上愛さんにご登場いただいた「半分少女」のスピンオフとして、...
パリ発のフレグランスブランド「HEELEY」から、イチジクの香りのオードパルファンが登...
知られざる画家の感動の実話!映画『ジュゼップ 戦場の画家』片渕須直監督トークイベン...
【From パリ支局】パーソンズ・パリ、卒展2021とポストコロナに向けて教えたいこと
【Special SNAP】13人の女の子、それぞれのビームス クチュール。
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.3】高橋悠介のCFCLがインスタレーションで新作披露