眺めが最高!ルーヴル郵便局の上にテラスバーがオープン

2022.05.25

パリらしい煙突屋根が並ぶ風景。遠くにカラフルなポンピドゥー・センター、右手にサントゥスタシュ教会が見える。

ルーヴル美術館から徒歩数分、長年パリの中央郵便局として使われていた建物の屋上にテラスバー「ルーフ(ROOF)」がオープンし、人気を集めています。

今月オープンしたばかりのテラスバー「ルーフ(ROOF)」。

「ルーフ」への入り口(43 rue Etienne Marcel 75002)には長蛇の列。営業時間は18時から深夜1時まで。

9年間に及ぶ大改造工事を経て、昨年、歴史的建造物である建物内に5つ星ホテル「マダム・レーヴ(MADAME RÊVE)」が誕生。ホテルを経営するのは、数々の著名レストランを手がけているローラン・タイエブ(Laurent Taïeb)氏で、街の中心に現れた新感覚のホテルが、たちまち話題になりました。

リノベーションされた1888年の建造物。当時の面影が残り、一角には新しくなった郵便局がある。

入り口は通り過ぎてしまいそうなほど小ぢんまりとしていて、隠れ家のような雰囲気。一方で、82の客室(約半数がテラスまたはバルコニー付き)と二つのレストラン、サウナ、フィットネスジムを備え、この春にはパリを一望できるテラスバーが加わりました。

ホテルの入り口。

モダンでいて落ち着ける客室。郵便局にちなんだインテリアがユニーク。

パリ・テイストのホテルのアメニティがおしゃれ。

客室はすべて3階にあり、通りの名前が道しるべに。

宿泊客専用のサウナとフィットネスジム。

地上階のカフェ・レストラン。19世紀末から20世紀初頭にかけてのインテリアに囲まれ、高さ8メートルの広々とした空間に豪華なシャンデリアが灯る。営業時間は朝の8時から深夜2時まで。

ちなみに上階にあるレストラン「ラ・プリュム(LA PLUME)」で提供されるのは、現代の日本食からインスピレーションを得た料理。エグゼクティブシェフは和食通のベンジャミン・シックス(Benjamin Six)氏、彼を支えるのは日本人シェフの平野香世利さんです。

平野シェフは2007年に渡仏。トゥールダルジャン、ホテルクリヨンなどで経験を積み、ザ・ペニンシュラ「ロワゾー・ブラン」のスーシェフ、ニエップス・パリ「ラ・ヴェリエール」のシェフを経て、現職に抜擢。

レストランからの景色もすばらしく、緑に囲まれた開放的なテラスとシックなバーもある。

さらに最上階には、宿泊客だけがアクセスできる空中庭園も。

心もお腹も満たしてくれる「マダム・レーブ」。パリを満喫したい人にお勧めしたいホットスポットです。

最上階からの内側の眺め。吹き抜け空間を囲むように小道があり、パリの景色を360度堪能できる。

Madame Rêve
48, rue du Louvre, 75001 Paris
テラス・バー ルーフ(ROOF)入り口アドレス:43, rue Etienne Marcel, 75001 Paris
営業時間:毎日、17時〜深夜1時
www.madamereve.com

Photographs:濱 千恵子 Chieko Hama
Text:B.P.B. Paris

RELATED POST

幻想的な世界観の花めくアフタヌーンティーはいかが?東京エディション虎ノ門×蜷川実...
アニエスベーがRITUELとのコラボレーション商品を発売【装苑女子のスイーツ倶楽部】
Plan Cのサステナブルなカプセルコレクションのポップアップイベントが開催!
スウォッチがポンピドゥー・センターとコラボレーション!6つの名画がウェアラブルアー...
ステラ マッカートニーからディズニー『ファンタジア』に着想したコレクションが登場!...
「シーロン」とイタリア発のシューズブランド「シューシャ」による初のコラボレーショ...
「ケンゾー」が、イタリア発のダウンブランド「クリスジョイ」とのコラボレーションコ...
マルニより、自然界からインスピレーションを得たガラスコレクションが登場!
The Elder Statesman期間限定のウインターショップをチェック!
「アスティエ・ド・ヴィラッド」からブランド初のパルファン「ツーソン」が発売!
#3 ZENさん【2022年文化服装学院卒業式スナップ】
永遠のスタイルアイコン、オードリー・ヘプバーンの真の姿を描く初めてのドキュメンタ...