【2022年春夏パリ・ファッションウィーク】
ラフ・シモンズはジェンダレスなユニフォームルック

2021.10.05

2022年春夏パリ・ファッションウィークで、話題になったブランド、
気になったブランドをご紹介します。

●RAF SIMONS

ラフ・シモンズはウィメンズのパリ・ファッションウィークに初参加。パリ旧証券取引所でショーを開催しました。

ウィメンズとはいえ、コレクションはデザイナーがこれまでも追求してきたジェンダレスをさらに進化させたもの。テーラードのスーツやカッターシャツなど、このブランドらしいユニフォームのイメージも色濃く表れていますが、派手なプリントやプロポーションの遊びで刷新されています。

ラウンドショルダーのコクーンシルエットやカントリー調ニットも特徴的で、先シーズンから続く骸骨の腕リングがアクセントに。

Text : B.P.B. Paris

RELATED POST

パリコレから探る、2022年春夏の気になるトレンドは?