【2022-’23年秋冬パリコレ vol.1】
ファッションウィーク開幕に際して

2022.03.03

2022-’23年秋冬パリ・ファッションウィークが開催。
必見コレクションや話題になったことなど、今シーズンのハイライトをご紹介します。

左から、CFCL、Botter、Koché、Victoria/Tomas。

2月28日から9日間の日程で開催されている2022-’23年秋冬のパリ・ファッションウィーク。約100ブランドが公式参加する今シーズンは、新型コロナ感染対策の規制緩和にともない、フィジカルなショーとプレゼンテーションが大幅に増加することになりました。

そんな中、開幕を迎えたのは、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まった翌週。パリのジャーナリストからはパリコレ実施を危惧する声も聞かれましたが、ファッションウィークを運営するオートクチュール&モード連盟会長のラルフ・トレダノ氏は、公式サイトで次のような声明を発表しました。

戦争がヨーロッパを残酷に襲い、ウクライナの人々を恐怖と苦痛に陥れている時に、多くのファッションブランドがパリ・ファッションウィークに集まります。

クリエーションはどんな状況でも自由を原則とするもの。ファッションの役割とは、社会における個人や集団の解放に貢献することです。

オートクチュール&モード連盟は、この暗黒の時代に厳粛さをもって、これから行われるショーをご覧いただきたいと願っています。

オートクチュール&モード連盟会長 ラルフ・トレダノ

現在開催中のファッションウィークでは、ウクライナの人々に寄りそうメッセージや「NO WAR」の言葉をコレクションに込めたブランドもあり、青とイエローのウクライナ国旗の色の服でショーに出席するゲストの姿も。

反戦と平和を願う人たちの輪がもっともっと広がりますように。

Botter 2022-’23年秋冬コレクションより。最後のルックの背中には、ビーズで「NO WAR」と綴られています。

多くのショーが行われる現代美術館「パレ・ド・トーキョー」。

Text : B.P.B. Paris

RELATED POST

【2022-’23年秋冬パリコレ vol.2】ボッターは独自のスタイルで反戦を表現
映画『オートクチュール』から始まる、美しい手仕事のお話。ーー『オートクチュール』...
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.4】ディオールはヘリテージとテクノロジーが融合
ラルフ ローレン フレグランスから、共存・共生の精神にインスパイアされた「RALPH'S ...
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.3】高橋悠介のCFCLがインスタレーションで新作披露
好きな人との“共創”によるオリジナリティは無敵にちがいない。『装苑』3月号の特集は...
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.10】シャネルはツイードに捧げたコレクション
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.12】バレンシアガのデムナの決意、愛と平和の勝利を願...
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.21】アンリアレイジの星と星を繋ぐ服とは
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.18】ステラ マッカートニーはフランク・ステラの抽象芸...
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.15】ミュウミュウは斬新なプロポーションを更新
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.17】クロエは自然と共に