【パリの私スタイル】vol.37
さりげなく和テイストを効かせて

この街にいると、思わず目で追いたくなるおしゃれな人によく出会う。
自分流におしゃれを楽しむ人たちを毎週ご紹介!

フランス・モード研究所にて

6月20日に開催されたファッションスクールのショーにモデルとして参加したバティストは、パリ大学で日本語を専攻する学生。「もっと話せるようになりたい!」とのことで、来月から日本に滞在する予定なのだそう。身につけているものにもさりげなく和テイストが効いていて、ジージャンに合わせたパンツはキモノ素材、自作のネックレスには五円玉が使われています。スポーツバッグとアシックスのスニーカーがアクティブな雰囲気。

Instagram:@baptiste.ct     

Photographs:濱 千恵子 Chieko Hama
Text:B.P.B. Paris

RELATED POST

ジュンヤ ワタナベ マンはスーツをマジカルに再構築。2024-’25年秋冬パリ・メンズファ...
【パリの私スタイル】vol.70お手製のデニムのセットアップがステキ!
文化服装学院×HOTSOX キックオフミーティング&中間報告会に潜入!
KIDILLデザイナー末安弘明が語る「情熱を形にし続けた10年間」。15名のKIDILLラバーの...
エイポック エイブル イッセイ ミヤケの未来へ向かうものづくり。インスタレーション第...
2024年ゴールデンウィークに訪れたい、最先端の注目ショップ&おでかけスポット情報...