• HOME
  • FASHION
  • NEWS
  • OliveのUmeさんが『装苑』本誌の連載コラムの内...

OliveのUmeさんが『装苑』本誌の連載コラムの内容も盛り込んだ個展「Hand over」を開催!

2024.04.05

「Olive」として姉妹でお菓子と洋服にまつわる活動を行う梅室仁美(Ume)さんが4月23日(火)から4月29日(月)まで東京・新小岩にて自身初となる個展「Hand over」を開催!

『装苑』本誌でも、2021年5月号から発売中の最新号(2024年5月号)の最終回までコラム「Oliveの手仕事」を連載。姉の咲月さんがお菓子、仁美さんが洋服を担当し、それぞれの好きなことを生かしたもの作りを伝えた。

今回の個展タイトルでもある「Hand over」は、クローゼットで見つけた 1 着の子供服をきっかけに制作を始めた、“幼少期の頃に母が仕立ててくれた子供服を、極力デザインの変更はせずに、 いまの自分のサイズで作る”というプロジェクトで、本誌のコラムでもつづっていただいていた内容になっている。

本展では2020年12月〜2024年1月に制作した全10作品と母が仕立てた子供服を、空間演出に戶口誉さんを招きインスタレーション形式で発表する。

また、今回の個展開催のために作品集を制作。プロジェクトに関する記録を写真家・木村和平さんが撮影し、デザイン・編集を田中有美さんが担当した。仁美さんは「この制作を始めたきっかけや想いを知っていただけるきっかけになれば幸いです。ぜひ会場にてご覧ください」とコメント。

仁美さんのこれまでのものづくりをインスタレーションや、作品集として体感できる特別な展示。Oliveのイベントに足を運んだことがなかった人も、この機会にチェックしてみて。

Hand over Hitomi Umemuro solo exhibition
期間:2024年4月23日(火)~4月29日(月・祝)
場所:Gallery and Space TASTUMI
   〒124-0025

   東京都葛飾区西新小岩1-6-3 タツミビル 4F

   中央線・総武線各駅停車 横須賀線・総武線快速「JR 新小岩駅」北口より徒歩 3 分
時間:13:00~18:00


梅村仁美(うめむろひとみ)

1994 年東京生まれ。2017 年文化学園大学服装造形学科卒業。縫製の仕事をしていた母の影響を受けて、幼少期から手芸やものづくりを始める。アパレルブランドでの販売職を経て、2020 年より姉妹で活動する olive を立ち上げる。現在はコレクション形式にとらわれず、その時々で制作した服を発表している。

Instagram:@628ume , @ume__sewing

\合わせてチェック!/
Olive Umeさんに聞いた、Sea New Yorkのお気に入りアイテム。

RELATED POST

ファレル・ウィリアムスによるルイ・ヴィトン第二弾は、アメリカ西部がテーマ。2024-’...
シャネルは伝説の場所ドーヴィルへのオマージュ。2024-’25年秋冬パリ・ファッションウ...
ディオールは自立した女性のパイオニア世代が着想源に。2024-’25年秋冬パリ・ファッシ...
ミュウミュウは個性の成長を反映して移り変わる衣服を考察。2024-’25年秋冬パリ・ファ...
豊かな色彩と絶妙なバランス感覚が光るドリス ヴァン ノッテン。2024-’25年秋冬パリ・...
ヨウジヤマモトはアーキテクチャルなシルエットの中にロマンティシズムを漂わせて。20...
サカイのキーワードは“One Love”。2024-’25年秋冬パリ・メンズファッションウィーク...
ドリス ヴァン ノッテンは予期せぬエレガンスを表現。2024-’25年秋冬パリ・メンズファ...
アミ パリスはパリジャンのエレガンスを再定義。2024-’25年秋冬パリ・メンズファッシ...
ケンゾーとギャラクシーの出会い。2024-’25年秋冬パリ・メンズファッションウィークよ...
ルイ・ヴィトン × ニコラ・ジェスキエールの10周年にブラボー!2024-’25年秋冬パリ・...
ディオールは伝説のバレエダンサーが着想源に。2024-’25年秋冬パリ・メンズファッショ...