BiSHが表紙を飾る
『装苑』3月号は衣装特集!

2023.01.24

写真:外林健太(Rim)

『装苑』2023年3月号の特集は
衣装が時代に映すもの。

たった一人のために作られる特別な服。
明確な目的やメッセージが込められているからこそ多くの人の記憶に残り、
振り返った時にはその時代を象徴するかのように思い出される衣装という存在。
着る人、そして観る人ともにパワーを与えてくれる特別なオートクチュールには
ファッションの伝える力が凝縮されている。

カバーには、今年6月に解散が決まったBiSHの各メンバーが
2022年の衣装から思い入れのあるものを身に着けて座談会を開催!
そのほか『装苑』オリジナルの衣装を身に着けた渡辺直美さん
アンジュルムの佐々木莉佳子さん上國料萌衣さんによる衣装対談、
増田貴久さんの連載MFBBはスペシャル版として、『NEWS LIVE TOUR 2022 音楽』の全衣装を解説つきで!
吉田ユニさんの連載には古川琴音さん、装苑男子には高橋文哉さん蜷川実花さんの連載には、齋藤飛鳥さんが登場!

 舞台で、ライブで、ミュージックビデオで。演者のパフォーマンスが私たちの記憶に深く刻まれるのは、身に着ける人を輝かせるためのデザイン性と、届けたいメッセージが形になった衣装の力によるものが大きい。取材の度に、必ずと言っていいほど、衣装を着るとスイッチが入ると語る理由とは。

 演者と観客をつなぐために作られたオートクチュールを通じて、ファッションが伝えられる特別な力を改めて感じてもらいながら、量産される服にはないデザインの意味や価値を改めて感じてもらえるきっかけになってほしいとの願いから、『装苑』がお届けする大人気の衣装特集、最新号。

 今回は6月の解散が発表されたBiSHのメンバーに、2022年度に着用した新作のオリジナル制作衣装16着の中から思い入れの深いものを身に着けてもらいながらの衣装座談会からスタート。衣装デザイナー齋藤ヒロスミさんによる、『装苑』のためにオリジナルで作った渡辺直美さんの衣装や、NEWSの増田貴久さんによる『NEWS LIVE TOUR 2022 音楽』の全衣装解説、アンジュルムの佐々木莉佳子さんと上國料萌衣さんにご登場いただきながら、衣装に関する対談や、お笑い芸人に尋ねた衣装に関するこだわりなどもご紹介します。
また、映画からは『バビロン』、『エンパイア・オブ・ライト』、『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』といった話題作に関する衣装デザイナーのインタビューを実現したほか、5年ぶりに日本にやってくるサーカス・エンターテイメント集団、シルク・ドゥ・ソレイユによる伝説のショー『アレグリア』の衣装に関する最新情報、スタイリストやデザイナーが手掛ける衣装紹介など、今号も衣装にまつわる情報を網羅してお届けします。

※『装苑』3月号は、1月27日(金)発売です。全国書店にてお求めください。
もし店頭にない場合は、書店店舗にて直接ご注文いただくか、下記オンライン書店などをご利用ください。

Amazon
楽天ブックス
セブンネット
文化出版局
富士山(定期購読)

NEXT:各企画のご紹介!渡辺直美さん、アンジュルムの佐々木莉佳子さんと上國料萌衣さん、装苑男子×高橋文哉さん、蜷川実花さん×齋藤飛鳥さんほか目が離せない内容が盛り沢山!

RELATED POST

【Snow Man、SixTONES、Hey! Say! JUMPなどの衣装レポート】一人ひとりを輝かせる衣装...
anoさんが表紙を飾る『装苑』3月号は大人気企画の衣装特集!
池田エライザが表紙を飾る『装苑』5月号の特集は「ファッション愛を語らせて」
Perfumeが語る「私たちの衣装」Perfume COSTUME MUSEUMトークイベント「Another Costu...
偏愛映画館 VOL.51『システム・クラッシャー』
偏愛映画館 VOL.50『パスト ライブス/再会』
偏愛映画館 VOL.49『ゴッドランド/GODLAND』
偏愛映画館 VOL.48『オッペンハイマー』
偏愛映画館 VOL.47『落下の解剖学』
偏愛映画館 VOL.46『ボーはおそれている』
偏愛映画館 VOL.45『哀れなるものたち』