本格ミシンで作るレザーショルダーバッグ

2022.08.08

「BUNKAファッション・オープンカレッジ」では、腕ミシンを使って外縫い仕立てのミニバッグを製作する講座を開講。まちがあり、ファスナーがついた、小さいお財布やスマートフォンを入れるのにちょうどいいサイズの本格的なバッグ作りを体験できる。受講受け付けは8月22日(月)まで。定員になり次第、締め切り。講座の様子や最新情報は@bunka__lifelongで発信中。

問合せ:文化服装学院 生涯学習
TEL:03-3299-2233

『装苑』2022年9月号掲載

RELATED POST

ホールガーメント横編機を使ってオリジナル2wayニットを作ろう!
藍で染めて、描くオリジナルの作品づくりにチャレンジ!
トップクリエイター作品を分析するパターン解説講座が開催
服作りに役立つアイテム図の描き方をマスターしよう
パリ発「レペット」の靴の歴史と、モトーラ世理奈さんが作った自分だけの一足
『装苑』5月号の特集は「今と、これからのファッションについて。」
文化服装学院 ファッション流通科のドレスコードスナップ【Campus SNAP】
【装苑ONLINEユーザー限定 独占試写会!】名匠、ホン・サンス監督の新作青春映画の独占...
【速報】第96回装苑賞公開審査会受賞者決定
文化学園大学・造形学部の卒業研究展が、今年もオンラインにて開催!
装苑PRESENTS アクセサリー蚤の市
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク(BFGU FW)が開催!