【2022年春夏パリ・ファッションウィーク】
アルベール・エルバスへオマージュを捧げたAZ ファクトリーの豪華なショー

2021.10.07

2022年春夏パリ・ファッションウィークで、話題になったブランド、
気になったブランドをご紹介します。

本編のスタートは32:13頃から。

●AZ FACTORY

今シーズン、最も注目を集めたのはファッションウィークの最後を飾ったAZ ファクトリーでしょう。AZ ファクトリーは、故アルベール・エルバスと複合企業のリシュモンが設立したジョイントベンチャー。今年1月にファーストコレクションを発表したばかりでしたが、4月にアルベールが他界。残されたデザインチームは、45のブランドとそのデザイナーと共に、アルベールへオマージュを捧げるショーを開催しました。タイトルは彼の言葉でもある「LOVE BRINGS LOVE(愛は愛をもたらす)」。

最初に登場したのは、アルベール自身のシグネチャーデザインであるリトルブラックドレス。機能的なニットウェアとクチュールが合体したAZ Factoryを代表するスタイルです。続いて、それぞれのブランドが1ルックずつ披露。コム デ ギャルソン、グッチ、エルメス、ディオールなどのビッグブランドからトモ コイズミ、テベ マググなどの若手まで、それぞれのオリジナリティをしっかり出しつつもアルベールの遺産を感じさせる作品が並びました。

後半には、AZ Factoryのデザインチームによる25ルックのコレクションを発表。ラストの一点は、愛すべきキャラクターのアルベールを思い起こさせ、胸にくるものがありましたが、フィナーレはハートの紙吹雪で幕。豊かな才能で人々をハッピーにしたデザイナーにふさわしく、華やかなショーが繰り広げられました。

AZ FACTORY – Alber Elbaz(左)、BALENCIAGA – Demna Gvasalia

BALMAIN – Olivier Rousteing(左)、CHRISTIAN DIOR – Maria Grazia Chiuri

COMME DES GARÇONS – Rei Kawakubo(左)、DRIES VAN NOTEN – Dries Van Noten

GUCCI –  Alessandro Michele(左)、HERMES – Nadège Vanhée-Cybulski

JEAN PAUL GAULTIER – Jean Paul Gaultier(左)、LANVIN – Bruno Sialelli

OFF-WHITE – Virgil Abloh(左)、RALPH LAUREN – Ralph Lauren

RICK OWENS – Rick Owens(左)、ROSIE ASSOULIN – Rosie Assoulin

THOM BROWNE – Thom Browne(左)、TOMO KOIZUMI – Tomo Koizumi

AZ FACTORY STUDIO

AZ FACTORY STUDIO

AZ FACTORY STUDIO

参加ブランドの全ルックが並んだフィナーレ。

ショーにはデザイナーたちも列席。フランスのファーストレディやパリ市長の姿も。

写真左はフランス大統領夫人ブリジット・マクロン。右はLVMHグループの創業者ベルナール・アルノーの息子で実業家のアントワーヌ・アルノーとモデルのナタリア・ヴォディアノヴァ。

ドリス・ヴァン・ノッテン(左)とディオールのマリア・グラツィア・キウリ。

左からリック・オウエンス、ミシェル・ラミー、ジバンシィのマシュー・ウィリアムズ。

Text : B.P.B. Paris

RELATED POST

チャンピオン × リック・オウエンスによるカプセルコレクションが発売
リック・オウエンスは温かそうな宇宙服が登場。2024-’25年秋冬パリ・ファッションウィ...
ドリス・ヴァン・ノッテンが引退を表明。その思いを綴った「ドリスからの手紙」
豊かな色彩と絶妙なバランス感覚が光るドリス ヴァン ノッテン。2024-’25年秋冬パリ・...
BREATH BY DELTAによる人気イベント「UPPER FIELDS MKT.」のスピンオフ企画「THE THRI...
リック・オウエンスはコミュニティ精神を投影。2024-’25年秋冬パリ・メンズファッショ...
ドリス ヴァン ノッテンは予期せぬエレガンスを表現。2024-’25年秋冬パリ・メンズファ...
オリヴィエ・サイヤールが監修、ITSファイナリストの作品展「服の幾多の人生」開催
#2 稲田凰希さん【文化服装学院2024年入学式スナップ】
#5 松尾懸さん【文化服装学院2024年入学式スナップ】
ロジャース歌乃 に聞いた今、注目のマルチクリエイター <OTA>
感覚を彫る、イリス・ヴァン・ヘルペンの回顧展