• HOME
  • CULTURE
  • CINEMA
  • 永遠のスタイルアイコン、オードリー・ヘプバー...

永遠のスタイルアイコン、オードリー・ヘプバーンの真の姿を描く
初めてのドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』の
ムビチケをプレゼント!

©️PictureLux / The Hollywood Archive / Alamy Stock Photo

『ローマの休日』(1953年)、『麗しのサブリナ』(1954年)、『ティファニーで朝食を』(1961年)、『シャレード』(1963年)……ハリウッド黄金期に数々の名作に出演し、世界を魅了したオードリー・ヘプバーン。ジバンシィの創業者、ユベール・ド・ジバンシィとの革新的なコラボレーションなどでも知られ、映画を愛する人はもちろん、ファッションやモード好きの人々にとっても、オードリーは永遠のアイコンだ。

 そんなオードリー・ヘプバーンの真実の姿を伝える初めてのドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』が、5月6日(金)に公開となる。

©️PictureLux / The Hollywood Archive / Alamy Stock Photo

 ドキュメンタリーでは、さまざまな立場からオードリー・ヘプバーンを知る人々の証言で、彼女の実像に迫っていく。登場するのは、オードリーが最初の夫、メ ル・ファーラーとの間に設けた長男のショーン・ヘプバーン・ファーラーと、その娘でオードリーにとっては孫にあたるエマ・キャサリン・ファーラー。そして女優オードリーを知る人物としては、惜しくも今年 1 月に他界した『ニューヨークの恋人たち』(1981 年)の監督、ピーター・ボグダノヴィッチや、『オールウェイズ』(1989 年)で共演したリチャード・ドレイファスが出演。オードリーのファッションを解き明かすのは、ジバンシィの元アーティスティック・ディレクター、クレア・ワイト・ケラーだ。実際にオードリーとユベール・ド・ジバンシィが仮縫いをしたパリにあるアトリエがインタビュー場所となっている。オードリーを撮り続けたファッションフォトグラファー、リチャード・アヴェドンの孫、マイケル・アヴェドンによるオードリー論も展開。

UNICEF Goodwill Ambassador Audrey Hepburn joins students at the doorway of their classroom. [INFORMATION PROVIDED TO THE EXTENT AVAILABLE] From 18 to 24 October, 1989, UNICEF Goodwill Ambassador Audrey Hepburn visited Bangladesh, travelling to several regions of the country to review UNICEF programmes. Programmes include: support for the installation of 750,000 tube wells; the provision of 14 million school textbooks; support for a national vaccination campaign against six immuno-preventable diseases; distribution of vitamin A to strengthen immune systems; and the provision of iodized salt to prevent deficiencies that cause goitre and cretinism. On concluding her visit, Ms. Hepburn said, “The economy of this young, only 18-year-old nation may have been impoverished by war, famine and floods, but it has untold wealth in the resilience and resourcefulness of its bright, active, talented people and their willingness to help themselves.”

 オードリーといえば、映画界を離れて1988年にユニセフの国際親善大使となり、世界中の紛争地域を回ったことでも知られている。その行動原理には、幼少期の過酷な戦争体験と、家庭環境があったのであろうことも本ドキュメンタリーは示す。

 ユニセフ国際親善大使としてのオードリーの晩年の姿を知るユニセフの写真家、ジョン・アイザックや戦場ジャーナリストのエディス・レデラーも貴重な証言を寄せている。

 歴史上の偶像ではなく、激動の時代を真摯に生き抜いた一人の女性として立ち上がるオードリーの姿に、きっと静かな勇気をもらえるはずだ。

B4WF49 Audrey Hepburn actress speaking at UNICEF

この映画のムビチケを、5名様分プレゼント!
応募は、装苑ONLINEの公式Twitterをフォロー後、アップされるこの映画のトピックをリツイートして完了。
締め切りは、2022年4月25日(月)18時まで!当選者の方には、Twitterのダイレクトメッセージで直接ご連絡いたします。

装苑ONLINE 公式Twitterはこちら

オードリー・ヘプバーン
ヘレナ・コーン監督、オードリー・ヘプバーン、ショーン・ヘプバーン・ファーラー(オードリーの長男)、エマ・キャスリーン・ヘプバーン・ファーラー(オードリーの孫)、クレア・ワイト・ケラー(ジバンシィの元アーティスティックディレクター)、ピーター・ボクダノヴィッチ(アカデミー監督賞ノミネート)、リチャード・ドレイファス: アカデミー賞受賞俳優 (『アメリカン・グラフィティ』、『ジョーズ』)ほか出演。

2022年5月6日(金)より、東京・日比谷の「TOHOシネマズ シャンテ」東京・渋谷の「Bunkamuraル・シネマ」ほかにて全国公開。STAR CHANNEL MOVIES配給。
WEB:https://audrey-cinema.com/
©️2020 Salon Audrey Limited. ALL RIGHTS RESERVED.

RELATED POST

【From パリ支局】Alaïa & Lindbergh展へ行ってきたよ!
クリーンでエレガントな服に宿る女性の強さ support surface 2022SSコレクション
老舗革製品ブランドの土屋鞄製造所が「運ぶを楽しむ展」を開催!
偏愛映画館 VOL.7『ナイトメア・アリー』
グッチ家の知られざる秘話に迫る、スタイリッシュなサスペンス!リドリー・スコット監...
【もっと知りたい!フランスの田舎のミュージアム ③】優雅なレースにうっとり/ シャン...
世界へ飛び出した日本人vol.2 鈴木一郎さん
国際コンペティションITS、2021年度の受賞者発表!
文化服装学院 ファッション高度専門士科× L’OREAL PROFESSIONALによる卒業ファッショ...
装苑賞出身デザイナー・ラロパイブン・プワデトさんのブランド「ablankpage」がショー...