• HOME
  • CULTURE
  • ART
  • クリストとジャンヌ=クロード 企画展が21_21 D...

クリストとジャンヌ=クロード 企画展が
21_21 DESIGN SIGHTにて開催決定。

Photo : Wolfgang Volz ©2021 Christo and Jeanne-Claude Foundation

2021年9月、エトワール凱旋門が布で覆われると、周囲は人々の歓声に包まれた。クリストとジャンヌ=クロードが出会い、現代美術作家として創造活動の一歩を踏み出したパリで1961年に二人が構想し、悲願の夢でもあったプロジェクト「L’Arc de Triomphe, Wrapped, Paris, 1961-2021(包まれた凱旋門)」が現実のものとなった瞬間だった。

Photo : Benjamin Loyseau ©2021 Christo and Jeanne-Claude Foundation

21_21 DESIGN SIGHTでは、2022年6月13日から2023年2月12日まで、クリストとジャンヌ=クロードの活動の根源と広がりに焦点をあてた展覧会を開催。展覧会ディレクターを務めるのは、パリと東京を拠点として活躍する映像ディレクター、パスカル・ルラン。16日間に渡り、銀色のコーティングが施された再生可能な青い布25,000m²と、3,000mもの赤いロープで包まれた「L’Arc de Triomphe, Wrapped」の背景や制作過程を紹介する。二人の意志を継ぐ人々が結集してのプロジェクト実現を讃えるとともに、激動の時代のなかにあってもなお状況を切り拓き、喜びをもたらす創造の大きな力そのものに目を向ける展覧会となっている。

Photo : Wolfgang Volz ©2005 Christo and Jeanne-Claude Foundation


テーマ:クリストとジャンヌ=クロード
会期 : 2022年6月13日(月) 〜2023年2月12日(日)
場所 : 21_21 DESIGN SIGHT
     東京都港区赤坂9-7-6東京ミッドタウン ミッドタウンガーデン
時間 : 10:00〜19:00(入場は18:30まで) ※入場予約制の可能性あり
休館日 : 火曜日 年末年始(12 月27日〜1月3日)
入館料 : 一般 1,200 円、大学生 800 円、高校生 500 円、中学生以下無料
WEB : http://2121designsight.jp/program/C_JC/
主催 : 21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
特別協力 : クリスト・アンド・ジャンヌ=クロード財団
展覧会ディレクター : パスカル・ルラン
企画協力 : 柳 正彦

RELATED POST

プロダクトデザイナー 清水久和による企画展「REMOTE WORKS @21_21」が開催!
ビームス主催の音楽フェス“BEAMS MUSIC FESTIVAL 2022『BE FES!!』”オフィシャルTシ...
フォンダシオン ルイ・ヴィトン「モロゾフ・コレクション - 近代アートのアイコン」展...
グッチ家の知られざる秘話に迫る、スタイリッシュなサスペンス!リドリー・スコット監...
L'Arc-en-CielのTETSUYAさんがクリエイティヴ ディレクターを務める「STEALTH STELL'A...
ピエール・カルダン3022、未来に向けて新・宇宙ルックを披露
【もっと知りたい!フランスの田舎のミュージアム ②】暮らしに欠かせないメリヤスの産...
2022-’23年秋冬 パリ・メンズ・コレクション リック・オウエス(RICK OWENS)
2022-’23年秋冬 パリ・メンズ・コレクション オム プリッセ イッセイ ミヤケ(HOMME ...