【パリの私スタイル】vol.18
シンプルな服に映えるビンテージのイヤリング

この街にいると、思わず目で追いたくなるおしゃれな人によく出会う。
自分流におしゃれを楽しむ人たちを毎週ご紹介!

サントノーレ通りにて。

パリのデュペレ応用美術学校でファッションを学ぶルーさん。シャツとジーンズの上にシンプルなワンピースを重ね着した飾り気のないシルエットに、ビンテージのアールヌーボー風イヤリングが映えています。個性派の短く前髪をそろえたヘアスタイルが大きな瞳を引き立てていて、とってもお似合い。

この日は、デュペレとファッションブランド「ポーツ1961(PORTS 1961)」のコラボレーションにより、白いシャツを再解釈した学生たちの作品がサントノーレのブティックで披露されました。最後の写真はルーさんの作品で、コットンシャツに断片化したモスリンのシャツを組み込んだもの。

Photographs:濱 千恵子 Chieko Hama
Text:B.P.B. Paris

RELATED POST

【パリの私スタイル】vol.70お手製のデニムのセットアップがステキ!
エイポック エイブル イッセイ ミヤケの未来へ向かうものづくり。インスタレーション第...