• HOME
  • CULTURE
  • ART
  • 鈴木親写真展『体(たい)と用(ゆう)』開催。...

鈴木親写真展『体(たい)と用(ゆう)』開催。
様々な「間」を写した写真で見せる、写真の姿

1990年代より、国内外の雑誌やワールドキャンペーンのヴィジュアルなど、ファッションフォトを中心に活躍する写真家、鈴木親。『装苑』本誌はもちろん、フランスの「purple」やイギリスの「i-D」、「DAZED & CONFUSED」をはじめとする数々の雑誌で印象的な仕事をし、他の追随を許さない立ち位置を確立してきた。

近年は、展覧会『晴れた日、東京』(2018年)や『わたしの、東京』(’19年)などを通じて、ファッション写真の枠を超えた創作と発表も行なっている。

その鈴木親が、東京・代田橋のアートブック専門書店「flotsam books」で展覧会を開催する。今回は、定まったコンセプトの展示とは異なり、エディトリアルとスナップの間や、パーソナルな写真とファッションフォトの間に位置する、軽やかで遊び心ある作品を見せる。

下に引用した鈴木のステートメントには、本展で見られるものが単に図像ではなく、物性を伴う「写真」であることが示唆されている。写真の、写真らしいある姿を、ぜひとも自分の目に焼きつけたい。

【鈴木親 ステートメント】

「データが印画紙の代わりに写真と呼ばれるようになったのはいつからだろうか。iPhone登場以前のカメラ機能の付いた携帯電話の登場で写真がデータとして頭の上を飛ぶようになったのが始まりだろうか。それ以前は必ず撮影したものは紙と一体になって写真と呼ばれてた。 プリントの見本として焼かれたサービスプリントを整理している時にそんなことを考えながら、flotsamの展示を決めた。

世界堂やIKEAの安い額装だが、紙の写真として額が付くことで廉価版として扱われたサービスプリントが本来の写真らしくなった。

映画の登場からずっと終わったと言われてきた写真だが、立場を変えしぶとく生き残ってこれたのは紙という物質化したことで多少の永遠性を手に入れたからかもしれない。」

鈴木親写真展『体(たい)と用(ゆう)』
期間:2022年4月15日(金)~4月24日(日)
時間:14:00~20:00  水曜休
場所:「flotsam books」
   東京都杉並区和泉1-10-8
WEB: https://www.flotsambooks.com/

鈴木親 WEB:https://chikashisuzuki.net/
Instagram:@chikashisuzuki1972

RELATED POST

今すぐ行きたい!Art Timeline
装苑モデルのモトーラ世理奈さんのアーティストブック「SERENA MOTOLA.」が発売!
「私が作って私がときめく自家発電ブローチ集」発刊 似顔ブローチについてのインタビ...
ウェス・アンダーソンの全作品を総括する書籍が発売中!
ファッション写真を中心に活動するフォトグラファー、西川元基の初写真展「Water Bala...
少女マンガのカラー原稿と写真の狭間にあるような平面作品を発表している、写真家 須藤...
きもの×女優の美麗な世界にふれる本『時のあわいに きものの情景』発売中
松坂桃李さんが盟友と絵本を制作!絵本『まろやかな炎』からひもとく、表現者としての...
2シーズン先のトレンドを予測。帰ってきた「プルミエール・ヴィジョン」
cinecaの土谷未央による映画と菓子にまつわるアートワーク
光と影は、花の輪郭。花モト・トモコ個展 「MERIDIANA -日時計-」が開催。
ヴィジュアル・アートとアンビエントのパイオニア、ブライアン・イーノによる大規模展...