• HOME
  • BEAUTY
  • ロレアル プロフェッショナル スタイル&カラー...

ロレアル プロフェッショナル スタイル&カラートロフィ2023
日本チャンピオン、決定!

2023.11.08

フランス・パリで行われる世界で最も権威のある、ライブヘアコンペティション。
その出場権をかけて、ヘアカラーとヘアスタイルのフォト作品によるコンテストが開催された。
日本一を探して、世界一を創るための、日本大会の結果を報告します!

「スタイル&カラートロフィ」は、ヘアカラーを中心に、110年以上もの間、“美”を追求し続けるロレアル プロフェッショナルが主催する、世界で最も歴史あるライブヘアコンペティション。ロンドンで発祥、その後世界各国で開催されるようになり、2016年からは各国代表を集め世界一を決めるものに。今年、世界共通で掲げられたグローバルなテーマは「メタモルフォシス」。ヘアスタイルの固定概念を打破しながら、自分らしい生き方を提案し続けたロレアル プロフェッショナルらしく、デジタルとリアルが融合する現代でこそ解き放たれる感性を求められました。
 日本代表を決める1次審査は、“個性を感じるクリエイティブなカラー”として、ビフォア、アフターと最終作品の写真で募集。勝ち残った6組のファイナリストが、「メタモルフォシス」をテーマに、ヘアカラーから始める独創的なスタイルで最終審査に挑み、美容業界では圧倒的な支持を得るフォトグラファー松山優介さんの撮影による写真をもとに審査が行われました。日本人らしい繊細さと発想力が評価され、kakimoto arms二子玉川の細畑久寿さんと坂口綾菜さんのペアがジャパン・グランドウィナーを獲得!独創性のあるヘアスアイルから、様々なインスピレーションを得てもらいながら、来年以降の<スタイル&カラートロフィ>にもぜひ注目してほしい。

スタイル&カラートロフィ とは?
1954年、ロンドンにてカラーリングに特化したイベントとしてスタートした、世界で最も歴史のあるライブヘアコンペティション。2016年から世界大会が開催され、日本は第2回スペイン世界大会から参加。優勝者には世界一の美容師の称号が与えられ、その後ロレアル プロフェッショナルが企画する様々な制作活動に参加する権利が与えられる。

審査員
kakimoto arms 岩上晴美
SHEA 坂狩トモタカ
NNN NOBU
Violet 前原穂高
『装苑』編集長 児島幹規
フォトグラファー 松山優介

2023 Japan Grand Winner

kakimoto arms FUTAKOTAMAGAWA
細畑久寿さん/坂口彩菜さん
「花の命をテーマに制作。植物の生命力やはかなさを、人物の透明感と髪の動きやカラーリングで表現。クリアにしすぎない色だしに注力するなど、繊細かつ徹底したこだわりにより完成」


2023 Japan Silver Award

TAYAミッシェルデルバンハービスENT
那知丈人さん / 神谷京士郎さん
「テーマは直線と曲線。ミクスチャーのバランスにこだわりつつ造形のシェイプと全体の抜け感を両立させた」


2023 Japan Bronze Award

boy Tokyo 神宮前店
好広勇介 / 青柳翔也
「これまで制作してきた中からメタモルフォシスで提案できる作品をベースに提案」


kakimoto arms GINZA
松原和成さん/友原由維さん
「テーマは竹林。植物の神秘的な部分と竹の直線や光の当たり方で見え方が変わることを表現」


kakimoto arms AOYAMA
渡辺百花さん/小島ひなのさん

「テーマは海。編み込みを軸に海の質感を再現。メタモルフォシスを環境問題になぞらえ、海を変えていこうというメッセージも」


kakimoto arms GINZA 2chome
瀬川史弥さん/今 悠香さん
「メタモルフォシスから想像される、違和感、直線、無重力などを具現化。無重力の違和感を出すために全身を撮影した」

2023テーマ “メタモルフォシス”
デジタルとリアルが融合した現代。
あなたの新たな感性が解き放たれる。

今年のテーマは “メタモルフォシス”
大胆な変化や変身を恐れず、
これまでのヘアデザインの概念を超えて、
髪の持つ可能性を広げましょう。

We can unleash our hair fantasies.
We can even become hair.

※メタモルフォシス(Meta-Morphosis)とは、変化、変身の意味を持ちます。私たち美容の世界で、人の印象を大きく変化させる要素である“髪”について、既成概念を超えたクリエイティビティを募集します

評価ポイント(世界共通)
【独創性】
Shape:エッジの効いた・幾何学的なデザイン
Design:複数で繊細であること
Creativity:創造性(既存にインスパイアされたものと新しい創作の融合)
Story:髪がムードやファンタジー。異世界感やドラマチックさを物語ること
Technique:適度な技術で行われたシンプルで野心的なテクニック
Colour:ロレアル製品で作られたカラーであること
Avant Gardness:アヴァンギャルドであること。未来的で大胆であること

【完成度】
Harmony:すべての要素がお互いに調和されていること
Before/after:施術前後の変化が明確であること
Clean Finish:清潔感があること

RELATED POST

ヴィム・ヴェンダース監督が新作の映画『PERFECT DAYS』への思いを語る。Wim Wenders ...
Susan Alexandraのビーズバッグ 今欲しいトレンドアイテムを 装苑オンラインがセレクト...
奥平大兼のジャケットマスターへの道!vol.2 裁断&縫製編
上白石萌歌のぐるぐるまわる、ときめきめぐりVol.12 デザイナー 竹内美彩
とんだ林蘭×ロゼトーゴ。文化服装学院にて開催した特別講義レポートと、とんだ林蘭イ...
文化服装学院×HOTSOX キックオフミーティング&中間報告会に潜入!
奥平大兼のジャケットマスターへの道! vol.1 パターン編
上白石萌歌のぐるぐるまわる、ときめきめぐりVol.14 写真家 松岡一哲
2024年ゴールデンウィークに訪れたい、最先端の注目ショップ&おでかけスポット情報...
TANAKAが伊勢丹新宿店にてポップアップストアを開催。