• HOME
  • SO-EN GALLERY
  • イラストレーター黒田 潔が木々や草花の生命力を...

イラストレーター黒田 潔が木々や草花の生命力をイラストレーションに落とし込んだ「森の音」シリーズの新作を発表

動植物を中心にしたモノクロの線画を軸に、広告や壁画など多方面で活動するイラストレーターの黒田 潔さんが1月13日(金)から28日(土)までの期間、木々や草花の生命力をイラストレーションに落とし込んだ「森の音」シリーズ新作作品が展示される個展を開催する。

(左)「森の音」(アクリル絵具、木パネル)板をモチーフの形に切り出し、厚みや質感、技法を変えながら、森の中で拾ったり、目にした動植物を表現した。並べて配置することで、自然界の色や形の多様さが再現された作品。(右)「雨」(アクリル絵具、木パネル)六甲山の頂で、実際には居合わせていない季節の風景を想像しながら描いたシリーズ。透けて見える木目の表情と描写した表現が対比的な印象を与える作品。

2022年1月、黒田さんは神戸・六甲山のROKKONOMADで滞在制作を実施。六甲の雪深い森を探索し、森の風景や植物を観察しながら過ごした日々の記録から、「森の音」シリーズの作品が誕生。

(左)オリジナルランプ(右)森に住む動植物をモチーフにしたパターンのシルクスクリーンで色や配置を変えて展開。全10色

今回の個展では、シリーズの次なるステップとして、イラストを描く媒体に着目し、実験的にマテリアルを模索した新作の他、インテリアアイテムにイラストを施したプロトタイプが発表される。

昨年の冬に、神戸の六甲山にあるROKKONOMADで滞在制作をしました。森を散策しながら耳をすますと、葉が揺れる音や雪が降り積もる音など、様々な音が聞こえてきて、まるで森や植物が声に乗せて何かを伝えてくるかのようでした。
木々や植物の観察やスケッチを行う中で生まれた「森の音」シリーズに加え、本展では、イラストレーションを発展させた作品やプロダクトを発表します。森の生命力に溢れた新作を、ぜひご覧ください。ー黒田 潔


森の音、森の光。
期間:2023年1月13日(金)〜1月28日(土)
※作家在廊日(予定): 1月13日、14日、15日、21日、22日、28日
場所:(PLACE) by method
    東京都渋谷区東1-3-1 カミニート#14
時間:12:00〜19:00
TEL:03-6427-9296
WEB:https://placebymethod.com/

RELATED POST

HOUGAが2024年最初のアトリエショップを開催!発売前の新作サンプルも公開
yoshiokuboが衣裳デザインを手がけるミュージカル『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブ...
anrealage homme(アンリアレイジ オム)プレオーダーショップが期間限定オープン!フ...
文化学園大学 服装学部ファッションクリエイション学科が第39回ファッションショーを開...
RIIZEが待望の日本デビュー決定!意気込みを語った公開インタビュー会の全文レポートと...
再構築されたもう一つの建築物の姿に出会うことができる写真展「MONOSPINAL」瀧本幹也...
世界各国で活躍するデザイナーたちの作品が集結 グラフィックデザインの祭典!「TDC ...
anoさんが表紙を飾る『装苑』3月号は大人気企画の衣装特集!
池田エライザが表紙を飾る『装苑』5月号の特集は「ファッション愛を語らせて」
ヘアメイクアップアーティスト・冨沢ノボルさんが30周年を記念した写真展を開催!
宇野亞喜良の過去最大級の個展『宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO』が新宿の東京オペラシティ...
山縣良和さんの個展「ここに いても いい」リトゥンアフターワーズがアーツ前橋にて開...