【もっと知りたい!フランスの田舎のミュージアム ②】
暮らしに欠かせないメリヤスの産地へ / トロワ編(前半)

1800年代前半にはキャップ専用の丸編み機が開発された。生産効率が飛躍的に向上したが、過剰生産問題にも直面したのだとか。

1850年代に特許申請された編み機。工業化が進んだ“黄金時代”、機械の開発も盛んに行われた。

トロワの発明家によって1853年に製造された大型編み機。

イギリスの発明家による編み機。1864年に特許を取得したもので、自動目減らしが安定して行われるようになった。

1800年代後半の靴下専用の丸編み機。

孔雀が刺繍された1800年代のストッキング。当時の人はどんな服に合わせていたのだろう?Collection ville de Troyes – Musée de la Bonneterie – Photo de Carole Bell

現代にありそうなチェックの靴下だが、1895年のもの。よく見ると踵部分に縫い目があり、製造方法の違いがわかる。Collection ville de Troyes – Musée de la Bonneterie – Photo de Carole Bell

1900年、トロワ地方の小さなメリヤス工房。

1930年代から’40年代にかけてトロワで使われていた編み機。

1930年頃にドイツで製造された大型のジャカード編み機。510本もの針が装着されている。

1950年代、衣料品工場で縫製をする女性たち。

後半のトロワの街案内もお楽しみに!

Musée de la Bonneterie
メリヤス産業博物館
住所:Hôtel de Vauluisant
4 rue de Vauluisant, 10000 Troyes, France
TEL:03 25 43 43 20
開館時間:10時〜13時 、14時〜18時(11月から3月は17時まで)
定休日:月曜
一般料金:3ユーロ(11月から3月は無料)
公式サイト: https://www.musees-troyes.com/bonneterie/

Photographs:濱 千恵子 Chieko Hama
Text:B.P.B. Paris

1 2

RELATED POST

【2022-’23年秋冬パリコレ vol.3】高橋悠介のCFCLがインスタレーションで新作披露
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.17】クロエは自然と共に
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.21】アンリアレイジの星と星を繋ぐ服とは
パリコレから探る、2022年春夏の気になるトレンドは?
【もっと知りたい!フランスの田舎のミュージアム ①】偉大なクチュリエの創造の源へ ...
【もっと知りたい!フランスの田舎のミュージアム ③】優雅なレースにうっとり/ シャン...
【もっと知りたい!フランスの田舎のミュージアム ②】暮らしに欠かせないメリヤスの産...
ミッドセンチュリー期を中心に扱うヴィンテージショップやギャラリーが集まるイベント...
【もっと知りたい!フランスの田舎のミュージアム ④】サーカスの衣装にフォーカス / ...
グッチ家の知られざる秘話に迫る、スタイリッシュなサスペンス!リドリー・スコット監...
ヴィヴィアン・ウエストウッドから、新作ホームコレクションが登場!
世界へ飛び出した日本人vol.3 田根 剛さん