ユイマナカザトが2年ぶりにパリでランウェイショーを開催

2022.01.28

ショー会場となったのはサントノーレ通りの教会。

ユイマナカザト(YUIMA NAKAZATO)がパリのオートクチュールコレクションで、2年ぶりにランウェイショーを開催。ゲストデザイナーとして11回目の参加を果たしました。

発表された2022年春夏シーズンのインスピレーション源は、様々な神話に登場する想像上の生き物Chimera。タイトルは「LIMINAL」で、何かと何かの間にある曖昧な領域を意味する言葉なのだそう。ショーは二人のダンサーによるパフォーマンスで始まり、登場したのはジェンダレスなモデルたち。鮮やかなマルチカラーに彩られた今回、羽のモチーフが服に躍動感を与え、シャーリングでたっぷりとひだを寄せたボリューミーな服がハイライトを飾ります。

「この曖昧な領域こそが新しい価値観と可能性の象徴と捉えた」というコレクションはファンタジーにあふれ、異次元の世界を想起させるものでした。

デザイナーの中里唯馬さん。

Text:B.P.B. Paris

RELATED POST

第36回イエール国際フェスティバル、ファイナリストの作品を動画で紹介 Vol.9
みゆな、約1年ぶりとなる待望の新曲「神様」
好きな人との“共創”によるオリジナリティは無敵にちがいない。『装苑』3月号の特集は...
ディズニー最新作『クルエラ』の世界観をイメージした、 文化服装学院の学生によるデザ...
【From パリ支局】軍服やドレスに興味津々、ナポレオン展
あらゆる情報に感情の接点を生み出せる。『装苑』2022年1月号の特集は「ディレクション...
ロエベとスタジオジブリのコラボ第二弾、映画『千と千尋の神隠し』をテーマにした限定...
2シーズン先のトレンドを予測。帰ってきた「プルミエール・ヴィジョン」
着物の可能性を求めた“NEOKIMONO” デザインアワード、受賞者決定!東京プロカラーラ...