【装苑ONLINEユーザー限定 独占試写会!】
フランソワ・オゾン監督最新作。刺激的なビジュアルにも注目の映画『苦い涙』のトークイベントつき独占試写会をプレゼント!

フランソワ・オゾン監督は、『8人の女たち』(2002年)、『スイミング・プール』(2003年)で世界的な脚光を浴び、近年では、’80年代フランスを舞台にした二人の少年の恋愛物語『Summer of 85』(2020年)、安楽死を望む父親に翻弄される娘を描いた笑いあり涙ありのドラマ『すべてうまくいきますように』(2021年)などの話題作を生み出してきた。フランス映画界を代表する監督である彼の最新作が、本作『苦い涙』だ。

第72回ベルリン国際映画祭のオープニングを飾った『苦い涙』は、伝説の映画作家、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーの名作『ペトラ・フォン・カントの苦い涙』を再創造した、愛の物語。

舞台は1972年の西ドイツ、ケルン。著名な映画監督、ピーター・フォン・カントは親友の大女優シドニーに紹介された俳優志望の美青年、アミールに心を奪われ、彼を自宅に住まわせることに。情熱的に結ばれた二人だが、ピーターのバックアップを経てアミールが注目を浴びるようになると、二人の関係性に暗雲が立ち込めるようになる。奔放な言動を繰り返すアミールに弄ばれ、ピーターは胸を引き裂かれてしまい……。

本作は、室内劇というファスビンダー版の物語の大枠はそのままに、登場人物の職業や属性を変更。さらに現代的な視点と、オゾン監督ならではの美意識を随所に散りばめ、新たな映画として完成している。

1970年代の美しさと煌びやかさを反映したファッションやセットデザイン、恋に溺れたピーターを表す刺激的な映像表現は必見!

この映画の公開に先駆け、装苑ONLINEユーザー限定のトークイベントつき独占試写会を55組110名様にプレゼント!

トークイベントには、特別なゲストのお二人をお迎えしています。

数々の映画ポスターやパンフレットなどのデザインで知られ、フランソワ・オゾン監督作品とも縁が深く、本作『苦い涙』のポスターデザインを担当している大島依提亜さん(グラフィックデザイナー)。そして、『装苑』本誌での映画インタビューをはじめ、数々の媒体や映画パンフレットなどに寄稿し、装苑ONLINEで「偏愛映画館」を好評連載中のSYOさんが上映後のトークに登壇。
『苦い涙』やオゾン監督作品の世界を、デザインの切り口からも知ることができる内容をお届けする予定です。

応募は、装苑ONLINEの公式Twitterをフォロー後、アップされるこの映画のトピックをリツイートして完了。締め切りは、2023年5月24日(水)18:00まで!当選者の方には、Twitterのダイレクトメールで直接連絡いたします。

装苑ONLINE 公式Twitterはこちら

映画『苦い涙』装苑ONLINEユーザー限定トークイベントつき特別試写会
日程:5月29日(月)
時間:18:30開場/19:00開演 終映20:25   トーク20:30〜21:00 (上映後30分)
場所:アンスティチュ・フランセ(東京日仏学院)エスパス・イマージュ
   東京都新宿区市谷船河原町15
トークゲスト:大島依提亜、SYO

『苦い涙』
監督・脚本:フランソワ・オゾン
出演:ドゥニ・メノーシュ、イザベル・アジャーニ、ハリル・ガルビア、ステファン・クレボン、ハンナ・シグラ、アマント・オディアール
2023月6月2日(金)より東京の「ヒューマントラストシネマ有楽町」「新宿武蔵野館」ほかにて全国順次公開。
© 2022 FOZ – France 2 CINEMA – PLAYTIME PRODUCTION ©Carole BETHUEL_Foz
WEB:https://www.cetera.co.jp/nigainamida/

RELATED POST

Desigual(デシグアル)とのコラボレーションを発表したヘド・メイナーにインタビュー...
文化服装学院×HOTSOX キックオフミーティング&中間報告会に潜入!