TOPコレクション 光のメディア (東京)

バーバラ・モーガン《ピュアなエネルギーと神経過敏な人》1941年 ゼラチン・シルバー・プリント 東京都写真美術館蔵

東京都写真美術館に収蔵されている約3万6千点の膨大な作品の中から、選び抜かれた名品を定期的に紹介する「TOPコレクション」展。現在開催中の「TOPコレクション 光のメディア」展では、Photographの語源である“光で描く”という意味に注目。記録性を超えて生み出される創造性に焦点を当てた、写真の本質に迫る実験的な内容となっている。

本展は、近代写真の父として知られるアルフレッド・スティーグリッツや、写真術発明者のひとりであるウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボット、20世紀初頭の芸術写真発展を牽引したマン・レイなど、29人のアーティストたちによる、資料を含む104点の作品で構成。約100年前に活躍した巨匠の作品から、現在活躍中の田口和奈、糸井潤らをはじめとした現代作家まで、幅広い時代の写真がそろう。写真家のマイナー・ホワイトがアンセル・アダムスやドロシア・ラングらと創刊したアメリカの写真雑誌『Aperture(アパチャー)』の創刊号などの表紙写真も展示され、現在まで刊行が続く歴史ある雑誌の一端を垣間見ることができる。

また、「作品一点一点をみて、自分自身の感覚でイメージを感じ取ってもらいたい」という学芸員の想いから、会場には展示順路を設けていないという。言語による情報を最小限に留めることで、作品そのものと純粋に向き合える自由な鑑賞空間を目指した。

3月19日(土)~4月3日(日)の間、公益財団法人東京都歴史文化財団が行う「Welcome Youth(ウェルカムユース)」の利用で、18歳以下の入館料が無料になるキャンペーンも。この貴重な機会にぜひ足を運んでみて。

アルフレッド・スティーグリッツ《イクィヴァレント》〈20 No.9〉より
1929年 ゼラチン・シルバー・プリント 東京都写真美術館蔵

マイナー・ホワイト《窓枠の白昼夢、ロチェスター、ニューヨーク州》
1958年 ゼラチン・シルバー・プリント東京都写真美術館蔵

バーバラ・モーガン《マーサ・グラハム、世界への手紙、キック》
1940年 ゼラチン・シルバー・プリント 東京都写真美術館蔵

エメット・ゴーウィン《イーディス、チンコーティーグ、 バージニア州》
1967年 ゼラチン・シルバー・プリント 東京都写真美術館蔵

TOPコレクション 光のメディア
会期:開催中~2022年6月5日(日)
場所:東京都写真美術館 2階展示室
   東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
時間:10:00~18:00(木・金曜は20:00まで、入館は閉館の 30 分前まで)
休館日:月曜(3/21、5/2は開館)
入館料:一般¥600、¥480、中高生・65歳以上¥300
※3月19日(土)~4月3日(日)は、18歳以下無料。
TEL:03-3280-0099
WEB:www.topmuseum.jp

RELATED POST

MIKIMOTOから“黒”の世界で“無限の情熱”を表現した新作コレクション「PASSIONOIR」...
「トモ コイズミ」と「トーガ」が、楽天の支援プロジェクト「by R」を通じて東京コレク...
3周年を迎えたシューズブランド「kurun TOKYO」から、スクエアトゥのバレエシューズが...
2022-’23年秋冬 パリ・メンズ・コレクション ドリス・ヴァン・ノッテン(DRIES VAN N...
「キディル」デザイナー 末安弘明インタビュー
少女マンガのカラー原稿と写真の狭間にあるような平面作品を発表している、写真家 須藤...
ロールプレイングをテーマにした展覧会「Role Play」をプラダ 青山店にて開催
アーティスト 西 裕佳里が自身初の大型絵画作品を披露する展覧会を開催。
ワタリウム美術館に15人のアーティストの作品が集結「視覚トリップ展」が開催中
エーリヒ・ケストナーの名作絵本がテーマの展覧会「どうぶつかいぎ展」が開催中!
女優の太田莉菜とアートディレクターの矢後直規による「太田莉菜の不在」展がOFS Gall...