2019A/W 上海ファッションウィーク 会期中に見た5つのプラットフォームをご紹介! vol.3 【XCOMMONS】

syanhai190422b_9.jpg

photo by Hitomi Oyama

2019年3月27日(水)〜4月3日(水)まで上海ファッションウィーク2019AWが開催された。会期中、メイン会場でのランウェイショーのほか、複数のプラットフォームでイベントや展示、ショールームも実施。会期中に見た5つのプラットフォームを順番にご紹介。

【XCOMMONS】
デザイナーズブランドに発表のチャンスを与えることを目的に2017年10月からスタートしたプラットフォーム。ファッションショーや展示をメインの発表の場としている。19SSでは、イギリスのブランド「チャラヤン」の中国初のファッションショーも開催。

ANDREA JIAPEI LI / アンドレア ジャーペイ リー
〜現代の女性に解放を提案〜

北京服装学院在学時代からデザイナーとしての頭角を現していたデザイナー、李佳佩(リー・ジャーペイ)。2014年、パーソンズ・スクール・オブ・デザイン修士過程修了。同年、ブランドANDREA JIAPEI LIを設立し、卒業ショーで発表したコレクションが、NYのDover Street Marketで展示・販売され一気に注目を集める。2015年、H&M Design AwardとLVMH Prizeにノミネート。2017/18インターナショナル・ウールマーク・プライズのアメリカ地区大会にもノミネートされた。
今シーズンのテーマは「The Journey(旅)」。無機質なシルバーのステンレス製の机とスチールが整然と並べられた会場に、Siriからの無感情な音声が響く。「キャシー、今日のスケジュールは...」「ルル、今日は○時にミーティング。そして、○時にフライトです。」資料や本を抱えたモデル達は、その音声に従い、足早に移動する。「仕事に誇りをもち、毎日の生活を楽しんでいる」そんな現代の女性に捧げる今回のコレクションは、撥水ナイロンなどスポーティーなマテリアルを使用したビッグシルエットが多く見受けられ、毎日、緊張状態にある女性に解放を提案するデザインが印象的だ。ミニマルなデザインでエレガントさを表現するリーお得意のデザインも健在。

syanhai190422b_1.jpg

syanhai190422b_2.jpg

syanhai190422b_3.jpg

syanhai190422b_4.jpg

syanhai190422b_5.jpg

syanhai190422b_6.jpg

syanhai190422b_7.jpg

syanhai190422b_8.jpg

syanhai190422b_10.jpg

デザイナー 李佳佩(リー・ジャーペイ)

WHM / ダブル エイチ エム
〜女性の魅力を引き立てる 上質なマテリアル〜

デザイナー王浩銘(ワン・ハオミン)は、2001年に設立した中国のデザイナーズブランドの先駆けである「素然 ZUCZUG」で8年間、レディースデザインを担当。2017年に自身のブランドであるWHMを設立。
今回はブランド初の試みとして、中国の著名なスタリスト董赢遥(Cathy)にスタイリングを依頼。70年代から90年代の日本や香港の歌謡曲からインスピレーションを受けたという今季のショーは、随所に当時の面影が感じられる。前シーズンの服をスキャンして、今シーズンの服の上にプリントした、シルク素材のシャツやスカーフは、時間の余波を感じて欲しいという思いから引き続き取り入れられている。ウール、シルク、綿の混合マテリアルを初めて使用するなど、ブランドの強みである上質なマテリアルの追求は今シーズンでも各所に見られた。

syanhai190423a.jpg

syanhai190423b.jpg

syanhai190423c.jpg

syanhai190423d.jpg

syanhai190423e.jpg

syanhai190423f.jpg

syanhai190423g.jpg

syanhai190423h.jpg

syanhai190423i.jpg

デザイナー 王浩銘(ワン・ハオミン)

text: Hitomi Oyama

MORE FASHION CONTENTS

  • What's new

    最新記事

  • Ranking

    人気記事

What's new

And More

ranking

Calendar

開催中のイベントをチェックしよう

And More

MAGAZINE

最新号の詳細はこちら