「個性」とは「好き」を極めた先にあるもの。『装苑』11月号の特集は「偏愛論。」

池田エライザさん、生駒里奈さん、カネコアヤノさん、S i x T O N E S の松村北斗さんなど
自らの偏愛に関するインタビューとともに、モデルとしても登場してくれたほか、
モトーラ世理奈さん、玉城ティナさんが偏愛の世界を被写体として表現。

NEWS増田貴久さんの連載には、振付稼業 a i r : m a n の主宰・杉谷一隆さんとの偏愛服対談!

表紙は、巻頭でe r i さんの偏愛を表現してくれた門脇 麦さん!

吉田ユニさんの連載「PLAYA SENSATION」には趣里さんが、
「装苑男子」には俳優として圧倒的な輝きを放つ板垣瑞生さん(M ! L K)が登場。

「個性」とは「好き」を極めた先にあるもの。そう考え続けた『装苑』編集部による最新号は「偏愛論。」。

「好き」という感情ほど、自分のためだけに芽生え、維持され、深まるものはありません。自らの興味は決して他人の意見に左右される必要なく、たとえ多くの人に理解されることがなくても、心の底から好きなものを信じて生きてほしいのです。

 現在、ファッションやアートといったクリエイティブな世界で活躍している人たちも、当然自分の好きを貫いて結果を出しています。好きな事だから苦労も受け入れ続けられ、結果に繋がるのだから、客観的な評価を気にすることなく、自分らしく生きる若い人たちを応援し、増やしていきたい! それが今号における編集部の目的です。

 デザイン、音楽、漫画などのカルチャーから、鳥、ラバー素材、石、柵、モルモットの匂い等々。様々なジャンルで活躍する人たちの、独自のベクトルを持った「好き」を覗き見ながら、本誌が提案する写真、グラフィック、スタイリング等の偏愛感に触れてもらうことで、自分らしさとは一体何なのかを見つめ直すきっかけになるのではないでしょうか。世間からの偏見や固定概念にとらわれず、自由で素敵な生き方をしている人たちのメッセージを、『装苑』を通じてお届けする企画です。
        
soen20190924aNEW.jpg

『装苑』 2019年 11月号
(9月28日発売)
税込定価 734円(~9/30) 748円(10/1~) 文化出版局刊

soen20190924b.jpg

写真:Tajima Kazunali(MILD)

記憶のカード eri☓門脇 麦
感情や感覚は、人の中に"記憶"として断片的に積み重なる。水、光、匂い――eriさんの中に溜まっていく幾つもの記憶のカードを体の中から引き抜いて、それを形のあるものへと作り変えてゆく。「DEPT」のオーナーであるeriさんが、普段の生活やクリエイションする時にいつも気をつけている、"形のない感情"や"ちょっとした記憶の断片"など、目に見えないのに固執してしまう"心の動き"をファッションビジュアルで表現。eriさんが偏愛する一瞬の記憶の隙間を、女優・門脇 麦さんが浮遊する。

soen20190924c.jpg

写真:佐々木慎一(SINGO)

池田エライザ
LIFE WITH BIRDS

女優・モデルとして、様々な分野で活躍する池田エライザさん。その偏愛対象は、動物好きの彼女がもっとも愛する鳥。なかでも彼女自身が7羽飼っているインコたちです。コラージュアーティストのM!DOR!さん制作のもと、鳥の世界観をイメージさせるファンタジックなファッションビジュアルとインタビューを実施。インタビューでは、鳥が好きになったきっかけを始め、池田さんご自慢のインコたちの紹介と鳥偏愛がよく伝わるライフスタイルを語ってくれています。

soen20190924d.jpg

写真:磯部昭子

女の子のための偏愛ファッション
愛するものに溺れたら

女の子にとっていくつになっても大好きな、普遍的モチーフをテーマにしたファッションビジュアルを展開。花柄、ピンク色、フリル装飾の3大キーワードを装苑モデルのモトーラ世理奈さんでシューティング。過剰なくらいに重ねられたコーディネートや装飾、そしてカオス的な空間は、大きなインパクトを放ちます。好きすぎる愛が表現された、特集ならではのファッションページに仕上がっています。

soen20190924e.jpg

写真:間仲 宇

吉田ユニ FIT & PROTRUSION
装苑の巻頭連載「PLAY A SENSATION」でも、毎号独自の世界観を表現してくれているアートディレクター、吉田ユニさん。日頃からクリエイションに自らの偏愛要素が詰まっているなか、今回の特集でフィーチャーしたのは「ラバー素材」。彼女が好む素材を使用したファッションビジュアルを展開しています。ラバーをコンセプトと言っても、衣装を制作しているのではなく、吉田ユニさんらしい表現方法で構成されたユニークビジュアルです。また、そんな彼女の世界にどっぷりはまれるような、11月開催の個展についても紹介しています。

soen20190924f.jpg

写真:花房 遼

トコロテンドリーム
玉城ティナ×矢島沙夜(KLOKA)

鬱屈とした青春と行き場のない衝動を描いた映画『悪の華』で狂気的な女子高校生を演じる、女優・玉城ティナさんをモデルとしてお迎えして、"女の子の過剰なまでの好きの気持ち"をテーマに、アートディレクター矢島沙夜子さん(KLOKA)と一緒にビジュアルクリエーションを敢行。その過多な愛の対象に、透明で柔らかくて繊細で、つかみどころがない。まるで女性そのもののような食べ物"ところてん"を据えて、妖艶な美しさと豊かな表現力でトコロテンを愛でる女の子を演じてくれた玉城ティナさんの美しすぎるビジュアルストーリーはまさに眼福。

偏愛とアイデンティティー
松村北斗(SixTONES)

装苑5月号の装苑男子にご登場いただいたSixTONES。その撮影でお越しいただいた際、私服の着こなしからもファッション好きの匂いをぷんぷんと漂わせ、さらに『装苑』が大好き!!という強い思いも語っていた松村北斗さんに、若手のメンズファッション偏愛者代表としてご登場いただきました。松村さんが大好きな古着をミックスしたコーディネートを表現力たっぷりに着こなしていただいたビジュアル。そして、人とは違ってもいい、自分らしく服を着たい!見せたい!との思いを語って頂いたインタビュー記事も必読です。

soen20190924g.jpg

写真:土屋 純(B.P.B)

私たちがこの漫画にのめり込む理由
漫画から、その人生に大きな影響を受けてきた、表現を生業とする感性豊かな女性たち。彼女たちはどんな漫画に、どのように魅了されているのか?「私たちがこの漫画にのめり込む理由」と題したこの企画では、彼女たちが愛してやまない漫画への思いの丈を語って頂きました。『NARUTO‐ナルト‐』愛で知られる生駒里奈さんと、漫画好きが高じてスタイリストへの道と進んだRemi Takenouchiさんによる対談では、生駒さんが着る『NARUTO‐ナルト‐』の世界観からインスパイアされたファッションをRemi Takenouchiさんにスタイリングしていただいた撮影も!また、女優の大友花恋さんが、父にすすめられた「ガラスの仮面」を、スタイリストの相澤樹さんが、BLに関してそれぞれ1Pで語ってくれています。

soen20190924h.jpg

写真:木村和平

カネコアヤノの愛するもの
CDショップ大賞入賞作品に選出、ロングセール中のアルバム『祝祭』から1年半。9月18日に最新アルバム『燦々』をリリースしたカネコアヤノさん。カネコさんが紡ぐ詩は、日常で目にし感じ取る愛情の重なりででき上がっています。「好きなものしか歌にできない」と語るカネコさんが最新アルバム『燦々』で歌にした3つの事柄を、カネコさんにも企画段階から参加していただきビジュアル化しました。今の彼女の思いが詰まった率直なインタビューとともにお届けします。リリースとともに常に話題をさらうカネコさんのジャケット写真、MVを長く撮影してきた気鋭の写真家、木村和平さんが撮影を行ない、100%の濃度でお届けします。

MF BB Vol.10
@air:man studio 増田貴久(NEWS)

増田貴久さんの人気連載MFBB。今号は偏愛特集にちなみ"偏愛服談議"を敢行。ファッションが大好きでたまらないNEWS増田さんが「あの人のビンテージコレクションは凄い!」と一目置く、NEWSの振付を手掛けている、振付稼業air:manの主宰・杉谷一隆さんをゲストにお迎えすることに。杉谷さんのライダーズコレクション250着が並ぶ、air:manスタジオを舞台に、増田さんはデザイナーズで杉谷さんはビンテージ、とそのルートは違うけど、"好き"の根本にある大切なものは同じ!と熱く語ります。それぞれのファッションへの思い、さらには二人が考えるファッションとエンターテイメントの関係性まで普段お聞きできないとっておきのお話を伺いました!

soen20190924i.jpg
soen20190924j.jpg

写真:土屋純(文化出版局)

偏愛ガチ語り
誰かが熱烈な愛情を傾け好きだと表明しているものには、多数の人の「いいね」を上回る強靭な魅力がある。その人だけに見えている、世界の美しい景色が「偏愛」だとしたら――。 多くの人には理解されなくても、深く愛する何かがある12名の方々にご登場頂きました。目玉、石、柵、モンスター、銭湯、ドール、モルモット・・・!? テンテンコさん、山田全自動さん、AAAMYYYさん、長谷川朗さん、塩谷歩波さん、millnaさん、我喜屋位瑳務さん等々、濃ゆいクリエーターたちの偏愛論をご一読ください!

soen20190924k.jpg

写真:オノツトム(AKUSYU)

ANNA SUI featuring AMIAYA!
2019秋のアナスイは、ポップとオプティミスティックをミックスした造語"ポップティミスティック"がテーマ。定番カラーのパープルに加え、ビビッドなピンクやオレンジ、グリーンなどのポップでカラフルな色彩を、人気のツインズユニット、アミアヤが身にまとい、ポップアートを体現する。

私の偏愛自慢
編集部が選んだ、独自の世界観を持つ装苑的な方々に「自分だけの愛してやまないモノやコトは?」と尋ねてみました。挙がってきた回答は様々ですが、どれもその人を形作る大切な要素。それぞれの回答からは一人一人の個性や、意外な一面が見えてきます。なぜそれほど偏愛するのか、その訳を語ってもらいました。ご登場いただくのは石上理彩子さん、M!DOR!さん、オヨさん、少年アヤさん、セントチヒロ・チッチさん(BiSH)、酒井いぶきさん、小谷実由さん、前田エマさん、長久 允さん、モトーラ世理奈さん、遠藤リカさん、関 直宏さん、森田 想さん、ユナさん(CHAI)、伊藤万理華さん、片岡メリヤスさん、たなかみさきさん、上坂すみれさん、Mamikoさん(chelmico)、かんさん(劇団雌猫)、渋川舞子さん、大下ヒロトさん、エヒラナナエさん、SUMIREさん、富沢櫻子さん、マナさん・カナさん(CHAI)、CONVENIENCE YOUNGさん、矢野悦子さん(誌面登場順)。

soen20190924l.jpg

写真:熊谷勇樹

装苑男子 板垣瑞生
今号の装苑男子は俳優として圧倒的な輝きを放っている板垣瑞生さん(M!LK)が登場。映画『ソロモンの偽証』や『ホットギミックガールミーツボーイ』などでその演技力が高く評価され、注目されている彼の初主演映画『初恋ロスタイム』が公開中。実はファッションも大好きという彼の、服の着こなしや見せ方は圧巻で撮影現場ではスタッフたちからも称賛の声が!そして話せば、俳優として深く作品と向き合うストイックさや誠実な人柄が伝わってくる。18歳とは思えない成熟した佇まいの彼の魅力を、写真と言葉からぜひ感じとってほしい。

soen20190924m.jpg

写真:間仲 宇

PLAY A SENSATION 吉田ユニ×趣里
ユーモアのある視覚効果を生みだす気鋭のアートディレクター、吉田ユニさんのビジュアル連載「PLAY A SENSATION」。今回のゲストは、女優の趣里さん。ロングの黒髪が印象的な趣里さんからインスパイアされた"つけ衿コレクション"を披露。趣里さんの凛とした表情、そして彼女のヘアと一体化した美しいつけ衿ラインナップを楽しめます。

soen20190924n.jpg

写真:Yosuke Demukai

小松さん 黒が見せる表情
秋の立ち上がりにちなんで、連載「小松さん」では、小松菜奈さんの定番カラー「黒」をキーワードに撮影。ダークで重めな印象が強いカラーで、ボリュームがあるけれど軽やか、またシックだけど表情豊か。そんな「黒」モードにトライ。彼女自身の黒に対するつぶやき、そして、いつもよりちょっと大人っぽい表情も新鮮!


「偏愛論。」
◆eri×門脇 麦 記憶のカード
◆ 女の子のための偏愛ファッション
  愛するものに溺れたら
◆ トコロテンドリーム
  アートディレクター 矢島沙夜子×女優 玉城ティナ
◆ 私たちがこの漫画にのめり込む理由
  生駒里奈×Remi Takenouchi /大友花恋/相澤 樹
◆ 吉田ユニ FIT & PROTRUSION
◆偏愛ガチ語り
テンテンコ/山田全自動/AAAMYYY/あめのいち 他
◆池田エライザ LIFE WITH BIRDS
◆ MFBB 増田貴久 vol.10 @air:man studio
◆ カネコアヤノが愛する、
◆ 私の偏愛自慢
  石上理彩子/M!DOR!/オヨ/少年アヤ 他
◆ 田中真琴×安藤ニコ×TSUGUMI
  大好きな邦ロックが教えてくれたこと
◆ 偏愛とアイデンティティ 僕は自分らしく自由に着る。   
  SixTONES 松村北斗
◆ RöE 偏愛と錯覚
◆ ファッションブランドが自ら選ぶ、今季の偏愛アイテム
  ハトラ/シロマ/コトハヨコザワ/バルムング/ヴィヴィアン
  ノ・スー/PS ポール・スミス 他

FEATURES
◆feature mode メリッタ バウマイスター
◆ ANNA SUI featuring AMIAYA!
  アナ スイのビビッドカラーでポップアートを体現!

REGULARS
◆ PLAY A SENSATION vol.33 趣里
◆ 小松さん 第27回 「黒が見せる表情」
◆SO-EN BEAUTY オリエンタルディスコ
◆ ヴィヴィアン・ウエストウッドからのメッセージ vol.47
◆ 杉咲 花の言葉と写真 蜜の音 vol.26 「目覚め」
◆装苑男子 vol.33 板垣瑞生(M!LK)
◆ このブランドの製図が見たい! vol.31 イン
◆ Creation from ONE SENTENCE 花柄の人柄?


※雑誌『装苑』は、28日発売です。全国書店にてお求めください。
もし店頭にない場合は、書店店舗にて直接ご注文いただくか、下記オンライン書店などをご利用ください。

Amazon / セブンネットショッピング

MORE FASHION CONTENTS

  • What's new

    最新記事

  • Ranking

    人気記事

What's new

And More

ranking

Calendar

開催中のイベントをチェックしよう

And More

MAGAZINE

最新号の詳細はこちら