「HYKE」 2019A/W TOKYO COLLECTIONS 「デザインの遺産」が生みだす、着る人との穏やかな共犯関係は

hyke190329.jpg

先シーズンに続き、寺田倉庫でのショー形式で最新コレクションを発表したHYKE(ハイク)。「HERITAGE AND EVOLUTION」(服飾の歴史、遺産を自らの感性で独自に進化させる)を掲げ、毎回シーズンテーマは設けない。ミリタリーやスポーツウェアなどのいわば機能美の服を研究し、それを女性服として再構成することで、静謐で凛とした街着を生み出すブランドだ。 取材陣に配られる資料には、毎回インスピレーションソースとなったアイテムが列記されているが、今期は、そのシートの最初に書かれている軍もののブランケットに着想したダブルフェースのウールのコートからショーが始まった。
重厚と軽快が一着の中に同居するこのコート(写真下、1-2枚目)は、非常に滑らかな手触りのウールで仕立てられている。コートのトグルや丸みを帯びた袖、アームホールが広く着心地がよい設計である点にHYKEらしさが覗く。その後も、フィッシャーマンズセーターやB-15Cフライトジャケット、米軍のアンダーウェアを再解釈したカシミア混のトップにスカート、パンツなど、既知のようでいて新しい服が颯爽と目の前を過ぎてゆく。古着や軍ものを基に作られたアイテムだからといって無機質で硬質、あるいは突飛な印象は無く、むしろ、素材の選択や量感あるスカートの不規則な裾、プリーツ、ウエスタンスタイルから着想した象徴的なフリンジスカートの効果によって、優雅さを印象づけている。

hyke2190329.jpg

hyke3190329.jpg

hyke5190329.jpg

hyke9190329.jpg

hyke10190329.jpg

hyke13190329.jpg

hyke14190329.jpg

hyke15190329.jpg

hyke25190329.jpg

今期、より多くのブランドが提示しているのが、着る人の自由度を高めて共犯関係を結ぶような、組み合わせの妙で変化する服。HYKEにも魅力的な提案があり、リバーシブル仕様のエコファーとキルティングのコート(写真下1枚目)、フィッシャーマンズセーターやフライトジャケットを基にしたボレロ、ニットやエコファーのケープなど。前述のフリンジスカートにはパンツタイプもあり、いずれも、スタイリングにさりげない新味を与えてくれそう、とわくわくさせられる。こうしたレイヤードが活きる服によって、きりりとしたHYKEの女性像に、柔らかさとチャーミングな要素も見たシーズンだった。

hyke12190329.jpg

hyke6190329.jpg

hyke23190329.jpg

hyke16190329.jpg

hyke24190329.jpg

hyke17190329.jpg

hyke18190329.jpg

hyke22190329.jpg

hyke26190329.jpg

トピックには、好評を呼ぶTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)とのコラボレーションが最後のシーズンとなったこと、ブランド初のメンズモデルの起用が挙げられる。さらにBEAUTIFUL SHOES(ビューティフルシューズ) × HYKE(ハイク)のアンクルブーツ、ネックレスのように眼鏡をまとうCHACOLI(チャコリ) × HYKE(ハイク)のアイウェアホルダー、今回初めて発表されたJULIUS TART OPTICAL(ジュリアス・タート・オプティカル) × HYKE(ハイク)のアイウェアなどの充実した協業アイテムによって、HYKEの世界に奥行きが作られていた。
デザインの旬な楽しみと、真摯に作られた服が与えてくれる充足の気持ちと。積み重ねられた時間だけが持つ深みを、HYKEの服をまとうことで身体が感じるはずだ。(編集部M)

hyke4190329.jpg

hyke8190329.jpg

hyke20190329.jpg

hyke21190329.jpg


ブランド:HYKE / ハイク
デザイナー:Hideaki Yoshihawa・Yukiko Ode / 吉原秀明・大出由紀子

HYKE
www.hyke.jp

MORE FASHION CONTENTS

  • What's new

    最新記事

  • Ranking

    人気記事

What's new

ranking

Calendar

開催中のイベントをチェックしよう

MAGAZINE

最新号の詳細はこちら