【From パリ支局】第34回 イエール国際フェスティバル、ファッション部門の全コレクションを紹介 vol. 10

--文化出版局パリ支局より、イベントや展覧会、ショップなど、パリで日々見つけたものを発信。

イエール国際フェスティバルで、毎回大きな注目を集めるのがファッション部門のコンペティション。34回目を迎えた今年は特に、全くスタイルが異なる個性豊かな作品が揃っていた。最終審査に集結したファイナリスト全員の全ルックをシリーズで紹介する。

Yana Monk(ロシア)
メンズコレクション

yana_monk_10mai2019_01.jpgyana_monk_10mai2019_02.jpgyana_monk_10mai2019_04.jpgyana_monk_10mai2019_06.jpgyana_monk_10mai2019_08.jpgyana_monk_10mai2019_11.jpgyana_monk_10mai2019_14.jpg

アムステルダムのヘリット・リートフェルト・アカデミー出身のYana Monk(ヤナ・モンク)は、都市の遊牧生活をテーマにコレクションを製作。ロシア極北地方の先住民族が暮らすネネツ自治管区などがインスピレーションソースになり、体を包み込むコクーンのようなドレスやコートが提案された。

装苑オンライン関連記事:
vol.1 / vol.2 / vol.3 / vol.4 / vol.5 / vol.6 / vol.7 / vol.8 / vol.9

「第34回 イエール国際フェスティバル、受賞者発表!」
「イエール国際フェスティバル 2019、ファイナリストがパリに集結!」
「第34回イエール国際フェスティバル、ファイナリスト発表!」

Text&Photographs: B.P.B. Paris

MORE FASHION CONTENTS

  • What's new

    最新記事

  • Ranking

    人気記事

What's new

ranking

Calendar

開催中のイベントをチェックしよう

And More

MAGAZINE

最新号の詳細はこちら