【From パリ支局】2018-'19秋冬パリコレクション vol.2 LVMHプライズからの飛躍

―文化出版局パリ支局より、イベントや展覧会、ショップなどパリで日々見つけたものを発信。

2月26日から3月6日まで、2018-'19秋冬パリコレクションが開催された。公式スケジュールでのショーとプレゼンテーションを合わせると、参加したブランドは100以上。期間中は、氷点下の日が続く寒波に見舞われたが、会場を沸かせた数々のクリエイションにファッションのエネルギーを再確認できたシーズンでもあった。本連載では、期待のニュージェネレーションから圧巻のラグジュアリーブランドまで、今季必見のコレクションを紹介する。


【vol.2 LVMHプライズからの飛躍】
巨大企業グループLVMHが、若手ファッションクリエーターの育成・支援を目的に設立した「LVMHプライズ(LVMH PRIZE)」。300,000ユーロ(約3,900万円)もの高額な賞金と豪華審査メンバーが話題を集めるが、副賞として提供される12か月間のメンターシップ(専門的ノウハウの指導や助言)も魅力のひとつだろう。今回のパリ・ファッションウィークでは、昨年のグランプリ受賞者マリーヌ・セールが念願の初ショーを開催。また、コレクション期間中にはセミファイナリスト20人(組)を集めたショールームが設けられ、多くの業界関係者や著名デザイナーが来場する賑わいを見せた。

lvmhprize2018_1232018m.jpg

LVMHプライズのショールームより。左からルイ・ヴィトン エグゼクティブヴァイスプレジデントのデルフィーヌ・アルノー、審査メンバーのカール・ラガーフェルド、マリーヌ・セール、LVMHファッショングループ チーフエグゼクティブオフィサーのシドニー・トレダノ。


マリーヌ・セール / MARINE SERRE
昨年グランプリに輝いたマリーヌ・セールは最注目株の新人。パリコレクション公式参加は初だが、早くも国内外の人気セレクトショップで取り扱われるなど、順調なスタートを切っている。

新作では、クチュールとスポーツの要素をミックスしたレイヤードルックを豊富に提案。彼女のシグネチャーである三日月マークのボティスーツやサーフスーツがコーディネートされ、モアレタフタのバイカーブルゾンなど、ベーシックに捻りを加えたアイテムも多数登場した。色鮮やかなプリントのドレスやスカートは、セカンドハンドのスカーフを再利用したもの。波に乗るデザイナーのエネルギーを感じさせるショーだった。

Marine_Serre_FW18_025_2018312.jpgMarine_Serre_FW18_025_2018312_01.JPGMarine_Serre_FW18_025_2018312_02.JPGMarine_Serre_FW18_025_2018312_03.JPGMarine_Serre_FW18_025_2018312_06.JPGMarine_Serre_FW18_025_2018312_08.JPGMarine_Serre_FW18_025_2018312_09.JPG


2018年度LVMHプライズのセミファイナリスト発表
2日間に渡って開催されたショールームで、セミファイナリスト20人(組)のコレクションを紹介。日本からは「アキコアオキ(AKIKOAOKI)」の青木明子(あおき・あきこ)と「ダブレット(DOUBLET)」の井野将之(いの・まさゆき)が選出された。この中から8人(組)が6月の本選に進む。

LVMH_PRIZE_AKIKOAOKl©François_Goizé_1m.jpgLVMH_PRIZE_DOUBLET©François_Goizé_2.jpg

候補者たちは各ブースでコレクションを展示。写真上は日本から参加した青木明子、下は井野将之。
©François Goizé©François Goizé


_MOZAIQUE2_20180312.jpg

セミファイナリストに選出されたデザイナーたち。


LVMHプライズ公式サイト www.lvmhprize.com

関連記事:2017年LVMHプライズ受賞者決定!


Text: B.P.B. Paris

MORE FASHION CONTENTS

  • What's new

    最新記事

  • Ranking

    人気記事

What's new

ranking

Calendar

開催中のイベントをチェックしよう

And More

MAGAZINE

最新号の詳細はこちら