「ASEEDONCLOUD」2015-'16 A/W COLLECTION 冬眠できない少女が作ったワードローブ

ganryu140204

架空の仕事に携わる人々を主人公に夢のような物語を描き、ワークウェアを中心に据えた日常的なワードローブを提案するアシードンクラウドのコレクションも、もう12回目を迎えた。今回のタイトルは「sanshôsetsu=三装節」。あるところにクマの子孫(の人間)がいて、春から夏にかけては、家族総出で農作業をして、秋から冬になると、男たちは、遠くの村に出稼ぎに行く。長い冬の間、残った女たちと子どもたちは、冬眠して春の訪れと男たちが戻ってくるのを待つ。そして冬眠に備えて、男の洋服で布団を仕立てたり、楽しい夢を見るために悪夢よけのおまじないをしたりする。ところが、一人だけ冬眠のできない娘がいた。それが今回の主人公。少女は8体の神様を布で作り、それに合わせて、おそろいの服も縫い上げていった......そしていつの間にか、春がやってきた、というお話なのだが、いつものコレクションに比べて、ファンタジーの色合いが濃いところに特徴がある。少女のイマジネーションによって作られた人形の神様が原形の服なだけに、プリントや刺繍、金色のパーツやフリンジの装飾などがいかにもアシードンクラウドらしく、華美にならずにフォークロリックな仕方で施されている。マフラーやふとんが服に転用されるなど、身の回りのアイテムが服になるという別テーマも浮かび上がり、新境地に足を踏み入れた感じだ。メインコレクションが多彩になった分、もともとアシードンクラウドの骨格をなしていたワークウェアは、ベーシックな素材や色やスタイルを守りながら、「Handwerker」という独立したラインとして、展開していて、こちらも好感の持てるラインナップがそろっていた。

Brand : ASEEDONCLOUD / アシードンクラウド
Designer : Kentaro Tamai / 玉井健太郎
Photographs : Masayuki Ichinose (W)
Styling : Hidero Nakagane (S-14)
Hair : Nakano
Make up : Yoshiko Kawashima
Model : Clarissa Day Womble
Illustlation : Ryuto Miyake (SUNDAY ISSUE)
text : Mariko Nishitani

ハバダッシュリー
kentarotamai.com
TEL03-3499-5054

MORE FASHION CONTENTS

  • What's new

    最新記事

  • Ranking

    人気記事

What's new

And More

ranking

Calendar

開催中のイベントをチェックしよう

MAGAZINE

最新号の詳細はこちら