インディゴブルーが大集合!世界の藍染を集めた展示が開催

indigo200928a.jpg

古くから用いられている植物染料で、世界中でさまざまな民族染料として広く親しまれてきた"藍"。絞り染や型染、ろうけつ染といったさまざまな技法と組み合わせたり、他の色の染料を重ねて染めたりすることによって、多彩な表情を見せる藍染を用いた衣装や布が集まる展示「世界の藍 Indigo Blue」が、文化学園服飾博物館にて、10月2日(金)~12月18日(金)まで開催される。日本、アジア、アフリカ、中米など、それぞれの地域で藍染がどのように取り入れられてきたのか、その歴史を追求して。

indigo200928b.jpg
indigo200928c.jpg
indigo200928d.jpg


「世界の藍 Indigo Blue」
期間:2020年10月2日(金)~12月18日(金)
場所:文化学園服飾博物館
    東京都渋谷区代々木3丁目22-7
時間:10:00~16:30
※混雑時は入館をお待ちいただくこともあります。
休館日:月曜、水曜、日曜、祝日
入館料:一般500円、大高生300円、小中生200円 ※障がい者とその付添者1名は無料
※開館日、開館時間は変更の可能性があります。最新情報はホームページまたは電話でご確認下さい。
WEB:museum.bunka.ac.jp/

MORE CULTURE CONTENTS

  • What's new

    最新記事

  • Ranking

    人気記事

What's new

ranking

Calendar

開催中のイベントをチェックしよう

And More

MAGAZINE

最新号の詳細はこちら