UNUSEDのブランド創立10周年を記念して、広島のセレクトショップ「ref.」にて、スペシャルアイテムが手に入るポップアップイベントが開催中!

『装苑』3月号の「キャッチアップスーンinトーキョー」でも2019年春夏コレクションをご紹介した、注目のブランドUNUSED(アンユーズド)。今年ブランド設立10周年を迎えるこのタイミングに、2019年2月16日(土)から2月25日(月)まで、「UNUSED ARCHIVE」(アンユーズド アーカイブ)と題されたポップアップイベントが広島のセレクトショップ「ref.」(レフ)で開催中だ。

unused1190218.jpg

10年間に及ぶアンユーズドの貴重なコレクションアーカイブが並ぶほか、今回は特別に、レコードやカセットテープ、VHSなど懐かしのソフトが充実のショップ、中目黒の「waltz」(ワルツ)と、好きを追求し、好きなヒトと好きな場所で好きな時に好きなモノを集めた古着店をオープンするノマドな「Weber」(ウェーバー)が参加。

さらには「ref.」だけの限定アイテムとして、サイドラインのカラーをティファニーブルーに変更した、リーバイス501のメイドインUSAデニムパンツを解体しリメイクした、スペシャルデニムも発売される。また、waltzともコラボレーションし、カセットテープの磁気と色を合わせたデニムに、紙パッチをカセットテープモチーフにした特別仕様のリメイクデニムも登場する。

今後も、国や都市を変えて開催される「UNUSED ARCHIVE」。アンユーズドの歴史を感じられるポップアップイベントにぜひ足を運んでみて。

「UNUSED ARCHIVE with waltz、Weber at ref.」
期間:2019年2月16日(土)~2月25日(月)
場所:「ref.01」
   広島県広島市中区袋町8-18
営業時間:11:00-19:00
TEL:082-569-8888
WEB:www.refnet.tv

MAGAZINE

『装苑』2019年3月号、1月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top