リトゥンアフターワーズが2年ぶりとなるショーを野外で開催。アートイベント「UENOYES2019"FLOATING NOMAD"」

ueno191105a.jpg

「writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)」のデザイナーとして意欲的に活動を続ける一方で、ファッションデザイン教室「coconogacco /ここのがっこう」の主宰者としても活躍する山縣良和さん。そんな山縣さんが、ディレクターを務めるアートイベント「UENOYES2019"FLOATING NOMAD"」が11月9日(土)、11月10日(日)の二日間上野恩賜公園 竹の台広場で開催される。
このイベントでは、writtenafterwardsが2年ぶりとなるファッションショーを噴水広場で開催!今回お披露目される2020SSコレクションのテーマは、昨年から続けている"現代の魔女"。三部作の集大成だ。
また、自由参加型の写生大会が「coconogacco /ここのがっこう」とコラボレーション。屋外彫刻のような格好をした路上パフォーマーをはじめとしたモデルたちを、自由にスケッチ。「coconogacco」の講師陣や東京藝術大学の卒業生・在校生のアドバイスを受けられる。
その他にも、総合プロデューサーの日比野克彦さんが手がけるダンボールをベースにしたアートモニュメントのライブ制作や、篠山紀信さんが奈良を起点にトルコまでを辿った"絹の道"で撮影した写真の展示会「シルクロード」の開催など、様々な催しが展開される。ファッションとアート、文化が融合した体感型イベントでクリエイティブな週末を過ごしてみて。

written191106a.jpg

written191106b.jpg

writtenafterwards 2018年春夏コレクションより

「UENOYES2019"FLOATING NOMAD"」
期間:2019年11月9日(土)、11月10日(日)
時間:11:00〜18:00
   一部プログラムは開始時間が異なります。
場所:上野恩賜公園 竹の台広場
入場料:無料
主催:上野文化の杜新構想実行委員会、
   公共財団法人東京歴史文化財団 アーツカウンシル東京
WEB:uenoyes.ueno-bunka.jp/2019/events/floatingnomad.php


MAGAZINE

『装苑』2019年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top