ファッションが世の中を変えていくために必要なこと『装苑』5月号の特集は「Sustainable 大好きな服を、長く着よう」

サステイナブルな世の中が当たり前になる今後に向けて、今理解しておくべきこと。

ファッションと、ファッションが好きな人たちが、世の中を変えていくために必要なこと。

『装苑』読者が好きなブランドの提案にはじまり、リメイク、着回しなどから用語の基礎知識までわかりやすく、身近に、そしてポジティブにサステイナブルを伝えます。

特集内に関連してNEWSの増田貴久さんが私物のリメイクに挑戦!

『装苑』では4年ぶりとなる、俳優の菅田将暉さんと小松菜奈さんのファッション共演も!

吉田ユニさんの連載PLAY A SENSATIONには綾野 剛さんが
装苑男子には、Kis-My-Ft2の玉森裕太さんが登場!

今、ファッション界で問題とされているのは大量生産された服が新品のまま廃棄されたり、安易に買った安い服がすぐに捨てられること。そのための焼却は二酸化炭素を増やし気候変動に繋がっています。しかし、その責任は量産したメーカーだけのものではありません。この状況は低価格で流行の服が着たい!というニーズから生まれたはず。つまり、流行に流されず、本当に好きな服だけを選び、大事に着続ける人ばかりであれば、今のような状況は生まれていないのです。

ペットボトルリサイクルの服が増えても、着たいものでなければやっぱりゴミになります。消費者意識でレジ袋の使用が減っているように、ファッションの問題は、ファッションが好きなわたしたちの意識で変えていきましょう!というのが今回のテーマ。

『装苑』読者が好きなブランドが提案するサステイナブルの服紹介に始まり、リメイクの提案、大事な服を着まわすこと、ロンドン、パリ、ニューヨークの情報から、再生素材の話にサステイナブルの基礎知識まで、大切なことをわかりやすくポジティブに提案します。

また、巻頭12ページで、俳優の菅田将暉さんと小松菜奈さんが待望のファッション共演! 装苑男子では、Kis-My-Ft2の玉森裕太さんが『装苑』初登場! こちらもお見逃しなく!


soen202005cover_waku02.jpg

『装苑』 2020年 5月号
(3月28日発売)
税込定価 748円 文化出版局刊

soen202005a.jpg

撮影:矢吹 健巳(W)

菅田将暉×小松菜奈
つなぎとめる手 モードをまとうふたり

本誌読者や若い世代にも絶大な人気を誇る、俳優の菅田将暉さんと小松菜奈さんが待望のファッション共演!本誌では2016年以来、4年ぶりに2人揃っての登場となります。どんなスタイルでも着こなしてしまう2人には、春のトレンドキーワードでもあるボタニカル柄を筆頭に、ジバンシィやプラダ、ロエベやグッチなどのラグジュアリーモードをまとってもらいシューティング。強くもしっとりとした世界観のビジュアルが印象的です。また、春に公開される2人の主演映画『糸』のストーリーからくみ取り、2人が手を取り合うシチュエーションにも注目したいところ。そして、後半には、菅田さん、小松さんのインタビューを掲載。映画『糸』は中島みゆきさんの名曲から着想されて誕生した作品で、平成に誕生した男女の18年間にわたる絆とめぐり逢いの物語。そんな作品と自身の役どころを通して語る作品の魅力はもちろんのこと、自分にとっての平成時代のことや歌について、そして、3度の映画作品やCMなどでも共演が多く、ファッションにおける好みも共通している2人が、お互いの存在についても話してくれています。ファッションビジュアルとインタビュー、12ページのボリュームで展開する目玉企画です。

soen202005b.jpg

撮影:押尾健太郎

私たちが欲しいものの中で出会う
サステイナビリティ

私たちが、かわいい!ほしい!と心惹かれるもの。胸がときめき思わず手にしてしまうアイテム。今まで何も知らずに夢中になっていた、コトハヨコザワ、シーロン、ノントーキョー、パーミニット、ミントデザインズ、ユキフジサワ、ボディーソングなどの装苑的ブランドのクリエーションのなかに、サステイナブルな取り組みから生まれたものがたくさんあることを発見しました。洋服をつくる時にどうしても出てしまう端切れ、今まで、かわいいのに"もったいない" なと思いながら捨てていたその端切れで何かできないか......とそこからアクセサリーが誕生したり。売り物にはできないサンプルが、アイデアと手を加えることで次のシーズンの新作に生まれ変わったり。実は、"もったない"を素敵なものに変えるクリエーションが地球と人にやさしいものづくりになっていました。そして、コレクションすべてでは難しくても、その一部を土に還る生地や再生可能な生地でつくったり。デザイナーたちの試行錯誤と工夫から生まれた思いやりのあるものづくりもそこにはありました。私たちがかわいいの先に出会った25ブランドのサステイナビリティ―を、モデル安藤ニコさんとエモン久留美さんを迎えた撮りおろし写真とともにご紹介します。

soen202005c.jpg

撮影:後藤啓太

身近な服をかわいく♡
デザイナーのリメイクTIPS

AKIKOAOKI(アキコアオキ・デザイナー青木明子さん)、PERMINUTE(パーミニット・デザイナー半澤慶樹さん)、teasi(テアシ・デザイナー竹中健紘さん)、BEAMS COUTURE(ビームス クチュール・デザイナー水上路美さん)の気鋭4ブランドが、誰でも持っている服をかわいく蘇らせるリメークアイデアを伝えます。 トレンチコート、Tシャツ、ニット、シャツが、それぞれデザイナーならではの技術とデザイン力で、今すぐ着たくて長年大切にしたい服に変身。作り方の解説とともに、「装苑」モデルであり、近年映像作品での活躍が際立つSUMIREさんが、そんな特別なリメークアイテムを着用したファッションシューティングで服の魅力を表現します。

soen202005d.jpg海の未来のファンタジー
TARA号とアニエスべー

定番のスナップカーディガンやボーダーシャツが、時代を超えて愛され続けているアニエスベー。ブランド創設以来、大切に長く着られるようにとサステイナブルな服作りに取り組んでいるだけでなく、2003年からは、科学探査船タラ号をサポートし、海洋探査プロジェクトにも乗り出している。ファッションブランドが環境を考え、実際に行動することで、どのような変化がファッション業界に訪れるのか。『装苑』読者に向けたデザイナー、アニエスベーのメッセージやアニエスベーのCOOで、タラ オーシャン財団会長でもあるエティエンヌ・ブルゴワさんのインタビューを通して、サステイナブルな活動に注目します。タラ号の活動から発想した、アートディレクターの成尾仁希さんによる、ビジュアルアートワークとともに、海の未来について想像を巡らせてみてください。

soen202005e.jpg

撮影:角田 航

物語のある一着で作る、
私のニュースタイル

伊藤信子さん、須貝朗子さん、早川すみれさん、入江陽子さんの4人の人気スタイリストが、どうしても捨てられない愛用の一着を軸に、着慣れた服を新鮮に着こなすための2つのニュースタイルを提案するファッション企画です。愛用品にまつわるエピソードや大好きな服をずっと着ていくための工夫、実践しているサステイナブルなことを伺ったミニインタビューを添えて。誰もがちょっとしたことでサステイナブルにファッションを楽しむことができる、読者のヒントとなるような企画です。

soen202005f.jpg

撮影:安田如水(B.P.B)

Creation from
ONE SENTENCE
「どんなサステイナブル?」

装苑モデルのモトーラ世理奈さんが毎号登場する連載企画、ワンセンテンスから想起するちょっと変わったファッションストーリー。今回は、特集に合わせて「どんなサステイナブル?」の一言から、かわいくて、且つ地球のためにもなる、ファッションブランドの最新スタイルをご紹介。

soen202005g.jpgDUMPSTAR
捨てない創造性

持続可能な社会のために私たちができることは、まず「むやみやたらに捨てない」こと。既存の物を再利用することで新たなモノを生み出すアイデアや技術は、これからの作り手に求められる力の一つといえます。この企画では、再利用の創造的な未来を可視化したヴィジュアルを、新進気鋭のコラージュ作家・miyamotomanamiさんが、廃棄物のショールーム「モノ:ファクトリー」にあるマテリアルを用いて制作しました。近年話題のダンプスター・ダイヴァーや環境活動家のロブ・グリーンフィールドから着想した、メッセージ性の高いコラージュを届けます。続いてリユースによって生まれたアート作品を紹介。小町渉さんのインゴットを用いた新作や、和田永 + Nicos Orchest-Labによる、古家電楽器などの創作秘話をインタビューしています。

soen202005h.jpg

撮影:Sophie Isogai(KiKi inc.)


植物の再生のものがたり

フラワーアーティストとして、またショップも経営するedenworksの篠崎恵美さんが日々の植物への思いから取り組んでいる、ドライ加工のプロジェクト。植物に第二の命を吹き込み、可能な限り長く愛用してもらえるようにオリジナルのクリエイションを展開している。そんな思いを伝えるべく、ファッションデザイナーの江幡晃四郎さんと一緒に制作した"土に還るドレス"を中島セナさんで撮影しました。ドレスに隠された未来とは何か?また、ドライフラワー専門店の「E.WPharmacy」や昨年新たに設立した、アトリエ&コンセプトショップの「PLANT」を紹介します。

soen202005i.jpg

撮影:湯浅 亨


MFBB vol.13 HAPPY REMAKE

ファッションをいろんな視点から、触れ、知り、もっと好きになる!をモットーにお届けする増田貴久さん(NEWS)の連載「MFBB」。常々、「服には愛着があるから絶対に捨てられない!」と話す増田さん。増田さんのお気に入りの私物アイテムを、もっと好きになって、もっと楽しく着られるようなリメイクをしよう!と、今回はゲストにリメイクを得意とするファッションブランド"SREU"のディレクター米田年範さんとデザイナーの植木沙織さんをお招きしました。増田さん愛用する古着のガウンとスリューが所要する普段材料に使っている古着が出会ったら......、そして、増田さん&スリューのアイデアがミックスされたら......、その結果、毎日でも違った着方が楽しめるような、スタイリングの可能性∞の、素敵なリメイクアイテムが完成しました!そのできあがりは、誌面を見てのお楽しみに。増田さんとスリューのお二人による鼎談もぜひご一読ください!

PLAY A SENSATION 
吉田ユニ×綾野 剛

4月からスタートする春の新ドラマ「MIU404」で星野源さんとともにタッグを組むことで早くも話題となっている、俳優の綾野 剛さんが登場。吉田ユニさんとは初対面でありながら、独特の世界観を楽しんで臨んでくれました。ファッションには強いこだわりのある綾野さんとつくるビジュアルは、クールながらどこか違和感のあるモードスタイル。初のコラボレーションとなる吉田さんとどんな対話(ビジュアル)ができたか、こうご期待!


soen202005j.jpg

撮影:鈴木 親


小松さん 第30回 最終回です

2016年から4年に渡って展開してきた、小松菜奈さんのファッション連載「小松さん」がとうとう最終回を迎えます。これまでも、撮影したいイメージやファッションテーマ、クリエイターとのコラボレーションなど、小松さん自身と一緒に考えながら取り組んできたなかで、最終回では、写真家の鈴木親さんとスタイリストの北村道子さんとの撮影。かねてからこの連載での実現を願っていたコラボレーションです。街の日常の中に咲いた一輪の花のような美しさとインパクトのあるファッションビジュアルを展開します。また、最終回における本人の手書きメッセージも必見です。

soen202005k.jpg

撮影:広光(UN)

装苑男子SP
玉森裕太(Kis-My-Ft2)

今年の8月に迎えるデビュー10年目という大きな節目を前に、躍進するKis-My-Ft2のメンバーとして。また俳優として進化も著しい、玉森裕太さんを迎えて、装苑男子スペシャルとしてお届けする拡大版です。知る人ぞ知る大のファッション好きで、ファッションセンス抜群の玉森さん。今回は、玉森さんが好きなファッションアイテムやスタイルを取り入れたファッション撮影を敢行。それぞれの服が持つ個性や雰囲気を肌に感じながら、そのムードをポージングや表情で表現していただきました!着る服とともに変化する多様な玉森さんにぜひご注目ください。またインタビューでは、ファッションの話はもちろん、好きが高じて3年前から手掛けているKis-My-Ft2のツアー衣装のことや、アイドルとして俳優として様々な表現活動を通して思う自身の在り方についてなど、多岐に渡ってお話を伺いしました。新たな玉森さんの一面に誌面で出会ってください!


「Sustainable 大好きな服を、長く着よう」
◆菅田将暉×小松菜奈
 つなぎとめる手 モードをまとうふたり
◆私たちが欲しいものの中で出会うサステイナビリティ
◆海の未来のファンタジー TARA号とアニエスベー
◆サステイナブルの超基礎知識。
◆身近な服をかわいく♥ デザイナーのリメイクチップス
◆DUMPSTAR 捨てない創造性
◆"服から服を作る!"が当たり前になればいい。
◆FROM PARIS 新進気鋭から巨匠まで
 サステイナブルがクローズアップされた2020年春夏のパリ
◆FROM LONDON すべてはつながっている。
 だから、私たちの暮らし方がこれからの地球を左右する
◆FROM NY サステイナビリティ先進都市NYの意識
◆Creation from ONE SENTENCE
 どんなサステイナブル?
◆RECYCLE, REUSE or PACKAGE FREE
 for your beauty days
◆物語のある一着で作る、私のニュースタイル
 伊藤信子/須貝朗子/早川すみれ/入江陽子
◆マッシュホールディングスが
 「エコでサステイナブル」な暮らしを啓蒙し続けた理由
◆植物と再生のものがたり
◆Sustainableいろいろコラム
◆第94回装苑賞2次審査 審査員講評

REGULARS
◆PLAY A SENSATION vol.36 綾野 剛
◆小松さん 第30回 「最終回です」
◆増田貴久MFBB vol.13 HAPPY REMAKE
◆装苑男子 vol.36 玉森裕太(Kis-My-Ft2)

※雑誌『装苑』は、28日発売です。全国書店にてお求めください。
もし店頭にない場合は、書店店舗にて直接ご注文いただくか、下記オンライン書店などをご利用ください。

Amazon / セブンネットショッピング

MAGAZINE

『装苑』2020年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top