ミュージシャンがメッセージを発信し続ける源、エモーションを感じるものとは?『装苑』1月号の特集は「音楽とファッションとエモーション2020」

今、最も好きな表現が音楽だと語るのんさんが、「怒り」をテーマにしたファッション撮影に挑戦。

モーニング娘。'19はメンバー14名全員でのファッションストーリーを展開。

いきものがかりの吉岡さんは、種から始まる「音楽の花」を咲かせるビジュアルに登場。

Charaさんと常田大希さんの対談、尾崎世界観さんほか山本彩さん、吉澤嘉代子さん、カネコアヤノさんなどなど、必読のインタビューも多数!

MFBBでは、NEWS 増田貴久さんがオリジナルのテキスタイル作りに初挑戦!

ミュージシャンがメッセージを発信し続ける源、エモーションを感じるものとは--。それらを尋ねることからスタートし、ほかでは見られないファッション撮影やビジュアル制作に落とし込みながら本音で語ってもらうインタビューなど。11月28日発売の『装苑』1月号は、音楽をテーマにした人気企画、「音楽とファッションとエモーション」の最新版をお届けします。

巻頭では"創作あーちすと"として活動するのんさんをフィーチャー。女優として多くの方に知られる彼女ですが、2017年に自らレーベルを立ち上げて楽曲制作を行っています。そこで発信する彼女の思想をもとに『装苑』ならではのエモーショナルなファッションシュートとインタビューを展開。
また、初登場となる、モーニング娘。'19のみなさん、いきものがかりのボーカル吉岡聖恵さんらが『装苑』らしい、ファンの方々が見たことのない世界で登場します。

そのほか、注目される女性のシンガーソングライターや時代が生んだ気鋭のミュージシャンたちが今感じていること、伝えようとしていること、それらを表現するために必要なことなどに関して語ってくれたインタビューは、それぞれのファンはもちろん、自分らしく生きたいと考える読者のみなさんや、何かを発信したいと考える人たちの参考になる話が盛りだくさん。音楽とファッションの関係のみならず、自分の感性に正直に生きることの大切さを感じられる一冊になっていますので、ぜひご覧ください。

soen202001_cover_news.jpg

『装苑』 2020年 1月号
(11月28日発売)
税込定価 748円 文化出版局刊

soen191128a.jpg

撮影:永瀬沙世

"のん"の衝動とその表現
2017年に自身のレーベルを立ち上げたのんさんが取り組む楽曲制作やパフォーマンスについて、それらを突き動かし、表現する自身の衝動やエネルギーの源となっている「怒り」をテーマにビジュアル化。"のん"さんの写真としては、あまり見たことのないエモーショナルなファッションシュートを展開します。インタビューでは、「怒りをポジティブに転換できれば、喜怒哀楽すべての感情を伝えらる!」という考えをはじめ、音楽以外で映画やアートなどのクリエイション活動についても紹介しています。


soen191128b.jpg
soen191128c.jpg

撮影:矢吹健巳(W)

Chara & 常田大希 ふたりの音
音楽&ファッションのアイコニックな存在であるCharaさんと、今、最も音楽界を震撼させている常田大希さんのスペシャル対談が実現。この秋、常田大希さんのソロプロジェクト"millennium parade"でコラボレーションを果たした2人に、互いの音楽に対する思いや志、そして現代の音楽シーンにおけるクリエイションについて語り合ってもらいました。音楽で通じ合う2人の距離感とフォトジェニックなファッションポートレートとともに。

soen191128d.jpg

撮影:今城 純(D-CORD)

モーニング娘。'19が刻む、
時代とファッションのワンシーン

アイドルが時代のワンシーンを刻むように、ファッションもまた、アイコニックな存在を介して時代を彩り続けています。『装苑』の音楽特集では、15期メンバーが加入したばかりの人気アイドルグループ、モーニング娘。'19をフィーチャー。メンバー全14名が『装苑』に初登場し、ファッションからインスパイアした架空の物語のワンシーンを創造します。

私とモーニング娘。'19とエモーション
犬山紙子/大森靖子/松岡茉優/新木優子
数多のアイドルが存在する中、何故、モーニング娘。を追いかけるのか。何故、モーニング娘。でないといけないのか。その理由はファンに聞けばわかるはず! モーニング娘。好きを公言し、彼女たちにエモーショナルな思いを持つ著名なファンの方々から、熱き言葉を寄せていただきました。

soen191128e.jpg

撮影:鈴木 親

尾崎世界観
クリープハイプ 10年目のリアリティ

2019年11月に、現メンバーになってから10年の節目を迎えるクリープハイプ。特異な創造性によって日本のロックシーンを切り拓くクリープハイプのフロントマン、尾崎世界観さんの今を探るべく、2つのインタビューをおこないました。1つ目は、尾崎さんの創作の過去から今、そして未来を探る単独インタビュー。10年を経て感じている「バンドとは?」「音楽を作るとは?」を語っていただき、現在、尾崎さんが心を動かされているものもご紹介。2つ目は、アルバム『世界観』や『泣きたくなるほど嬉しい日々に』、最新刊『バンド』などのデザインを手がけた、アートディレクター・イラストレーターの寄藤文平さんとの対談。「触れられない音を、触れられるモノにすること」をテーマに繰り広げた、すべての創作に携わる人へ向けた、充実の対話です。これからのクリープハイプの創作がますます楽しみになる、尾崎さんの現在地をお届けします。

soen191128f.jpg

撮影:佐々木慎一(SIGNO)

いきものがかり吉岡聖恵
/音楽の花のものがたり

"自身にとっての音楽・曲は、花を「育てる」ことのよう"と語る、いきものがかりの吉岡聖恵さんとともに、その音楽の"花"のものがたりをコラージュで表現しました。ビジュアルのイメージを広げ、吉岡さんがまとうファッション、そして吉岡さんに綴っていただいた言葉を添えることで、まるで絵本のようなビジュアルストーリーが完成。その種が芽吹き、育ち、花を咲かせる音楽について、もちろんいきものがかりへの思いなども含めて、吉岡さんの思いをじっくりと語っていただきました。どうぞご一読ください!

soen191128g.jpg

撮影:井崎竜太朗

気鋭ミュージシャンの、音楽の内側
折坂悠太、SASUKE、sumikaという注目のミュージシャンへ、それぞれの音楽制作の裏側にあるものを尋ねてみました。音楽的なルーツは? 歌うことへの思いは? 今影響を受けているものは? それから、制作に欠かせない機材は――。私たちが夢中になっている音楽の内側へと入り込み、ミュージシャンとして、クリエイターとしての側面をあぶりだすインタビューです。撮り下ろしのポートレートにも注目を!

アニメーション映画
『音楽』が描いた音楽のかたち

映像化不可能と言われていた、漫画家・大橋裕之の初期作品『音楽』が、2020年1月にアニメーション映画『音楽』として公開されます。8年の時をかけ監督を中心としたごく少数のスタッフが4万枚の手描き原画を描いていたり、ミュージシャンの坂本慎太郎や岡村靖幸が声の出演で参加するなど、異例づくめの本作には、音楽への純粋な衝動が描かれています。『装苑』では、そんなDIYなアニメ映画『音楽』を特集。主人公・研二の声を演じた坂本慎太郎さんへのQ&Aインタビュー、エンディング曲を手がけた志磨遼平さん(ドレスコーズ)と、岩井澤健治監督、原作者の大橋裕之さんの鼎談などによって、本作の魅力を伝えます。

soen191128h.jpg
soen191128i.jpg

撮影:小濱晴美

chelmicoノキモチ
彼女たちが綴る、等身大の女の子のリアルな気持ちが表現された "言葉"が、軽快なメロディーに気持ちよく乗せられたラップと、彼女たちの気負いのないファッションやスタイルに魅了され、そして憧れる女子たちが続出している。RachelとMamikoという異なる個性を持つ2人によるラップユニット「chelmico」のお二人をお迎えし、彼女たちを表すキーワードをもとに、彼女たちの魅力を映すビジュアルクリエーションを敢行。そして、性格は真逆の凸凹コンビと言いながら、とんでもなく仲良しの二人に、今のキモチや思いをお聞きしました。

soen191128k.jpg
soen191128l.jpg

撮影:田中雅也(TRON)

音楽とファッションをまとう人
吉澤嘉代子/みゆな/カネコアヤノ/山本彩/milet/iri

クリエイターとして、表現者として、それぞれに個性的でエモーショナルな音楽を作り出す女性シンガーソングライター6名に注目。音楽とファッションを繋ぐエモーショナルなキーワードから発想したファッションポートレートとインタビューで、彼女たちの内側と外側のエモーションを探ります。今年新たなスタートを果たした山本彩さんは、赤と青という色をテーマにその心情を語りつつ、グループ当時と違う現在の心境などを語ってくれました。

soen191128j.jpg

撮影:アキタカオリ

ギター女子になりたい!
音楽が大好きで、ギター女子になりたい!という女の子を想定し、装苑モデルのSUMIREを被写体にしたファッションストーリー。撮影場所に選んだのは、吉祥寺のライブハウス、下北沢のレコード店、渋谷のライブハウス、お茶の水の楽器店街など、音楽好きなら常に気になるスポットを巡ります。

soen191128m.jpg

撮影:熊谷勇樹

SOEN BEAUTY
音楽を感じるメイクアップ

今号では、特集テーマの「音楽ファッションとエモーション2020」にちなんで、SO-EN BEAUTYでは、3つの音楽用語「ユラぐ」「アンサンブル」「リズム」からイメージしたメイクを資生堂の進藤郁子さんにご提案頂きました。その音楽を感じるメイクアップをまとっていただいたは、ファッション&メイクが大大大好き!というリンリン(BiSH)。今にも音が聴こえてきそうなメイクから感じるムードを、その表情やポージグで表現してくださいました。

soen191128s.jpg

撮影:土屋純(文化出版局)

MFBB Vol.11増田貴久(NEWS)
オリジナルテキスタイル

NEWSの増田貴久さんが、様々な角度からファッションに触れ、出会い、その愛を深めていく人気連載。今回は、いろんな服を見たり着たり、衣装をデザインするために大量の生地に触れたりするなかで、テキスタイルそのものへの興味が高まり、生地を作る人たちへの尊敬の念が高まっているという増田さんの憧れの一つでもあった"オリジナルテキスタイル"作りにチャレンジしました! 実際の織機を目の前に、大興奮のまっすー!糸選びはもちろん、組織のデザインに取り掛かる際は真剣そのもの。さて
"増田オリジナル生地"の仕上がりはいかに!?

soen191128n.jpg

撮影:Fish Zhang

装苑男子  KID FRESINO
表現を生業とする魅力的な男子をフィーチャーする「装苑男子」。今号では、今や日本だけでなく、世界から熱視線を集るラッパーのKID FRESINOさんが登場。卓越したラップの魅力にとどまらず、さまざまなジャンルのアーティストとの交わり、実験的かつポジティブな音楽活動・新たな表現の探求で、アーティストとしての存在感が増している。さらに注目すべきは、ルイ・ヴィトンのワールドキャンペーンモデルに選ばれるなど、ラッパーという枠を軽々と超え、世界的なファッションアイコンとして一目置かれる存在になっているということ。世界を夢中にさせるKID FRESINOの魅力に『装苑』が迫る!!

soen191128o_new.jpg
soen191128p.jpg
soen191128q.jpg
soen191128r.jpg
登場アーティスト サイン入りチェキをプレゼント!
今号の読者プレゼント企画は、特集「音楽とファッションとエモーション2020」に登場している豪華アーティストたちの直筆サイン入りチェキを加えた特別版でお送りします!『装苑』のためだけにサインやメッセージを書いてくれた、アーティストそれぞれの個性を感じられる貴重な一枚は必見です。



「音楽とファッションとエモーション2020」
◆"のん"の衝動とその表現
◆Chara×常田大希 ふたりの音
◆モーニング娘。'19が刻む、時代とファッションのワンシーン
◆私とモーニング娘。'19とエモーション
 犬山紙子/大森靖子/松岡茉優/新木優子
◆尾崎世界観 クリープハイプ10年目のリアリティ
 尾崎世界観×寄藤文平
◆音楽の花のものがたり いきものがかり 吉岡聖恵
◆音楽とファッションをまとう人
 吉澤嘉代子/みゆな/カネコアヤノ/山本彩/milet/iri
◆気鋭ミュージシャンの音楽の内側
 折坂悠太/SASUKE/sumika
◆chelmicoノキモチ
◆アニメーション映画『音楽』が描いた音楽のかたち
 坂本慎太郎/岩井澤健治×志磨遼平×大橋裕之
◆ギター女子になりたい!
◆ 「私の忘れられない一曲」
◆ Artist Goods Catalog
◆ 『装苑』登場アーティスト
 サイン入りチェキをプレゼント!

REGULARS
◆PLAY A SENSATION vol.34 emma
◆小松さん 第28回 「YMCK Beachへ。」
◆SO-EN BEAUTY 音楽を感じるメイクアップ
 資生堂 進藤郁子 × リンリン(BiSH)
◆MFBB 増田貴久 vol.11 ORIGINAL TEXTILE
◆杉咲 花の言葉と写真 蜜の音 vol.27 「譜面」
◆装苑男子 vol.34 KID FRESINO
◆このブランドの製図が見たい! vol.32 シーロン
◆ヴィヴィアン・ウエストウッドからのメッセージ vol.48
◆装苑賞に挑んだデザイナーたち vol.51 山中洋輔

※雑誌『装苑』は、28日発売です。全国書店にてお求めください。
もし店頭にない場合は、書店店舗にて直接ご注文いただくか、下記オンライン書店などをご利用ください。

Amazon / セブンネットショッピング

MAGAZINE

『装苑』2020年1月号、11月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top