速報:第91回装苑賞は、アピチャート・ナランシャーさんに輝く

日本で初めてのファッション界の新人賞として1956年に創設されて以来、コシノジュンコさん、髙田賢三さん、山本耀司さんなど数多くの著名デザイナーを輩出してきた「装苑賞」。本日、第91回装苑賞公開審査会が、文化学園遠藤記念館大ホールにて開催された。
『装苑』2017年2月号、5月号誌上に掲載された32組の中から、2次審査を経て各審査員が2組ずつ選出。公開審査会では、候補者16組が、それぞれテーマを掲げて各3体のミニコレクション形式で発表した。日本を代表するトップデザイナー8名の審査により、装苑賞はアピチャート・ナランシャーさん(文化ファッション大学院大学卒、現・文化ファッション大学院大学助手)に決定。
作品テーマは、自身のデザインの軸としているMODENITY(モダニティ)と、今回使用したKNIT(ニット)を掛け合わせた"MODERNITTY(モダンニッティ)"。MOVENT(ムーブメント)とREFLECTION(リフレクション)をコンセプトに、フランク・ゲーリーの作品にも見られる、動き出すような曲線、躍動的で大胆なシルエットを表現するために、異素材を手作業で編み合わせ、そこに光の反射を表すシルバーと青いビーズを組み合わせた。ニットには今まで使ったことのない組み合わせの、毛糸とラメ入りゴムとテグスを使用している。材質も太さも異なる糸を組み合わせることで新しいテキスタイル、シルエットを作った。審査員をはじめ、来場者はこの衣装が現れたその瞬間に、精巧で力強く輝くこの作品に心を奪われた。
装苑賞佳作1位は野中 優さん、佳作2位は日下宗隆さん、アジアン・クチュール・フェデレーション賞は良宇さん、rooms賞は井上翔哉さんがそれぞれ受賞。
※第91回装苑賞受賞作品や公開審査会の模様は、7月28日発売の『装苑』9月号で詳しくお伝えします。ぜひご覧ください!


soen170613.jpg

装苑賞 アピチャート・ナランシャー「MODERNITTY」


soen2170613.jpg

装苑賞佳作1位 野中 優「Nature impact -pure beauty in the wild-」


soen3170613.jpg

装苑賞佳作2位 日下宗隆「Life-Like」


soen4170613.jpg

アジアン・クチュール・フェデレーション賞 良宇「open the heart」


soen5170613.jpg

rooms賞 井上翔哉「線の重ね着」


soen6170613.jpg

第91回装苑賞の受賞者。井上翔哉さん(rooms賞)、良宇さん(アジアン・クチュール・フェデレーション賞)、アピチャート・ナランシャーさん(装苑賞)、野中 優さん(装苑賞佳作1位)、日下宗隆さん(装苑賞佳作2位)


審査員:岩谷俊和さん、コシノジュンコさん、髙島一精さん、田山淳朗さん、津森千里さん、廣川玉枝さん、三原康裕さん、皆川明さん


photographs:Josui(B.P.B.)

MAGAZINE

『装苑』2017年10月号、8月28日発売

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top