「SHIROMA」2019 A/W TOKYO COLLECTION クラシックと新しい要素のミックスから垣間見るブランドの個性

SHIROMA190404a.jpg

6年ぶりとなるショーを渋谷ストリームの一階広場で開催した、デザイナーの城間志保さんとディレクターの西家康隆さんが手掛けるSHIROMA。今シーズンは、レースや植物といったクラシックなモチーフや素材に、ブルーやマスタードといった配色を効かせスポーツ感を取り入れるなど、いかに新しい要素をもたらすかが一つのポイントだったという。

様々なアイテムに採用されていた透け素材は、オーガンジーの表面にウレタン加工をしたもの。パーカやコートにあしらわれた立体感のある植物の刺繍は、ヴィンテージのワッペンをイメージしたものだが、スパンコールを散りばめてフューチャリスティックな要素を加えている。

SHIROMA190404e.jpg

SHIROMA190404c.jpg

SHIROMA190404d.jpg

SHIROMA190404f.jpg
もう一つランウェイで目を引いたのは、ビスチェやコルセット、マジックテープ付きの巻きスカートやプロテクターのような装飾的なアイテム。ディレクターの西家さんは「ここ数年、着るというよりは身につけるアクセサリーのような感覚の洋服をポイントに作っている。」と話し、今回シーズンの象徴なデザインとなった。

SHIROMA190404b.jpg

SHIROMA190404h.jpg

SHIROMA190404l.jpg

SHIROMA190404j.jpg

SHIROMA190404i.jpg

SHIROMA190404m.jpg

SHIROMA190404k.jpg

SHIROMA190404n.jpg

SHIROMA190404o.jpg

今回のショーは「渋谷ファッションウイーク」の一貫として行われ、ショーの最後には同イベントのアンバサダーを務めるアーティストのチョーヒカルさんがモデルとして登場した。(編集部 AT)

「ブランドのシグネチャーとなるものを大切にしながら、シーズン毎に少しずつ違うように見えたら嬉しい。」と、新しい要素を取り入れながらも、ベージュを基調としたヌーディーさやコードロックといったブランドらしさをアップデートしたコレクションだ。

SHIROMA / シロマ
Shiroma Shiho / 城間志保

SHIROMA
shiroma.info/


MAGAZINE

『装苑』2019年9月号、7月26日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top