上海ファッションウィーク会期中に見つけた、中国の若手デザイナー&ブランドを紹介! vol.1 PRONOUNCE / SAMUEL Gui YANG / SIRLOIN

text : Hitomi Oyama

「最近、中国のファッションが熱いらしい」と聞いたことがある人もいるはず。そう、今、隣の中国では、若手デザイナーや新しいセレクトショップがどんどん登場していて、ファッション界がとにかく賑わいを見せているのです。なかでも、上海は1891年、中国国内でも早くに紡績工場が建ったことから、中国国内の衣料品やファッションの中心地として発展してきました。

そんな上海で、2003年から開催されている「上海ファッションウィーク」は、今では世界から大注目を集めているファッションウィークの一つに成長。中国国内ブランドの知名度と影響力を高めることを目的の一つに掲げ、また、海外ブランドの中国進出の後押しにも力を注いでいます。

上海ファッションウィーク2018AWは、3月28日から4月3日に開催され、この会期に合わせ、上海市内の各地で合同展示会やショールーム、ファッションのイベントが開催されるなど、街全体がファッション一色に染まりました。

今回、その会期中に見てきたショーや展示の中から、とくに若手のデザイナーに注目をして、いくつかピックアップします!これを見たら、中国の20代、30代のデザイナーのことがちょっとは分かるかも。


PRONOUNCE / プロナウンス

〜中国のメンズブランドに新風を吹き込む〜

上海ファッションウィーク2018AWメイン会場のオープニングを飾ったのは、ブランドを立ち上げてまだ2年しか経っていないPRONOUNCE。イタリア・マランゴーニ学院のメンズデザイン修士課程を修了した周俊(チョウ・ジュン)とセントラル・セント・マーチンズ修士課程を修了した李雨山(リー・ユーシャン)によるメンズブランド。2017/18のインターナショナル・ウールマーク・プライズアジア地区大会にもノミネートされていた。

2018AWは「INFINITY(無限)」をテーマに発表。ミラノの旅行中に集めた21枚の古いポストカードには、トラディショナルなスーツ姿の男性の姿が。そのポストカードに写るトラディショナルなテーラーと中国の人民服をミックスさせた。無限大の記号である「∞」も、チャイナボタンやベストのステッチなど各所に取り入れた。また、ニットは内モンゴル産のウールを使用し、現地の女性たちが編み上げたハンドメイド。今シーズンはデザイン、マテリアル両面で中国を強調したコレクションとなった。

pro180419

pro2180419

pro3180419

pro4180419

pro5180419

pro6180419

デザイナー リー・ユーシャン、チョウ・ジュン


SAMUEL Gui YANG / サミュエル グイ ヤン

〜女性が憧れる理想の東洋美人を追求〜

2015年にセントラル・セント・マーチンズ修士課程を修了したデザイナー楊桂東(ヤン・グイドン)が設立したブランドSAMUEL Gui YANG。現在、ロンドン在住。ファーストコレクションから一貫して「中国」や「東洋」をテーマに発表。

2018AWは、ルネ・マグリットの作品「THE FEMALE THIEF」からインスピレーションを受けた。その絵画には、木製の椅子に腰をかけるデザイン的な黒い人体が描かれている。丸みを帯びた肩やヒップ、絞られたウエストラインなどのシルエットをデザインに落とし込んだ。ヤンが得意としてきたラバー素材には、今回、熱により色の変化が現れるという新しい要素を取り入れた。また、チャイナ服のシルエットでデザインされたジャケットとオリジナルで制作したゴム製のチャイナボタンの融合は、ヤン独自の東洋と西洋の美を表現しているようでもある。

ショーを見ている中国の女性たちからは、憧れの女性を見るかのような眼差しが注がれていた。毎回、新たな東洋の女性像を提示してくれるヤンのコレクションは、デザイナーたちからの評価も高い。

samu180419

samu2180419

samu3180419

samu4180419

samu5180419

samu6180419

samu180420.jpg

デザイナー ヤン・グイドン


SIRLOIN / サーロイン

〜ファッションを楽しく!日常の頰が緩む瞬間をデザインに〜

セントラル・セント・マーチンズを卒業した、日本出身のデザイナー宇佐美麻緒とスウェーデン出身のデザイナー、アルヴェ・ラガークランツのブランド。上海をベースに活動している。

2018AWのテーマは「リアルとヴァーチャルの狭間を探求」で、今シーズンはVRを取り入れたショーで発表。会場入りする前、指定されたQRコードを読み取るよう指示があった。指示通りに進むと、海辺の映像が携帯の画面一面に流れる。そして、ショーの会場は一面緑色の壁で囲まれている。歩いてくるモデルを携帯で捉えると、携帯画面には、緑色の背景ではなく、自然をバックに歩くモデルの姿が流れる。

AWといえばファーを発表するブランドが多いが、「ダウンでファーを表現したら?」というアイディアからできたダウン。左右の袖がつながった部分は取り外し可能なので、アメリカのラッパーがジャケットをわざとずらして着こなすようなコーディネートにも早変わり。また、白のケーブルニットの上に、別のニットの柄をプリントすることで、リアルとヴァーチャルの境界線をわざと顕著に表に出すというデザインも発表。「最近のファッションは真面目すぎる!もっと面白くてもいいじゃない!」というSIRLOINの真髄は今シーズンのコレクションでも顕在。

sir180419

sir2180419

sir3180419

sir4180419

sir5180419

sir6180419

sir7180419

デザイナー アルヴェ・ラガークランツ、宇佐美麻緒


MAGAZINE

『装苑』2018年4・5月合併号、3月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top