【From パリ支局】2021-'22秋冬パリコレクション、新生クロエに注目!

--文化出版局パリ支局より、イベントや展覧会、ショップなど、パリで日々見つけたものを発信。

クロエ(CHLOÉ)は、ガブリエラ・ハーストによるファーストコレクションを発表。

ウルグアイ出身、ニューヨークを拠点に自身のブランドでも活動するガブリエラは、クリーンなラインの洗練されたスタイルが人気のデザイナー。昨年12月にクロエの新クリエイティブ・ディレクターに任命され、期待が寄せられていました。

chloe_3mars2021_0.jpg

今年はクロエの創業者、ギャビー・アギョンの生誕100周年にあたる年。ギャビーは初期に、パリ左岸のカフェ・ド・フローやブラッスリー・リップなどにゲストを招きコレクションを披露していたことから、今回のショー映像もこれらの店があるサンジェルマン・デ・プレで撮影されました。

注目の2021-'22年秋冬コレクションは、サステナビリティとより良い社会へのコミットメントから、すべてのピースに高い目的意識が込められています。リサイクル、再利用、オーガニックのマテリアルを使い、素材からパッケージに至るまで、持続可能なサプライヤーを導入するという徹底ぶりです。

chloe_3mars2021_1.jpg

豊富に展開されたニットウェアは、リサイクルカシミアとマルチカラーのストライプが特徴で、ウルグアイの民族服のポンチョがアーバンなスピリットで表現されました。

chloe_3mars2021_2.jpgchloe_3mars2021_3.jpgchloe_3mars2021_4.jpg

スカラップのディテールやパッチワークなど、クロエを象徴するコードも再構築され、バッグ"Edit"の新シリーズではカシミアやジャカードとミックスしたデザインも登場。

chloe_3mars2021_5.jpg

ショーのラストにはガブリエラ・ハーストの姿も(写真右)。


手編みレザーのトートバッグや靴下と一体化したブーティなど、遊び心のある多彩なアクセサリーが提案されています。

chloe_3mars2021_6.jpgchloe_3mars2021_7.jpg



AW2021-2022 PARIS FASHION WEEK公式サイト:
https://parisfashionweek.fhcm.paris


Text : B.P.B. Paris

装苑オンライン関連記事:
2021-'22秋冬パリコレクション、3月1日からデジタル開催
2021-'22秋冬パリコレクション、IFMのマスター修了ショーで開幕!
2021-'22秋冬パリコレクション、初参加ワタル トミナガのハーモニーのある服とは?
2021-'22秋冬パリコレクション、セシリー バンセンの考えるラグジュアリー
2021-'22秋冬パリコレクション、マメ クロゴウチは月明かりが作る影たちの共演
2021-'22秋冬パリコレクション、コシェは不死鳥のように

MAGAZINE

『装苑』2021年5月号、3月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top