【From パリ支局】イエールの応募締め切りが延期、モード展が延長に

--文化出版局パリ支局より、イベントや展覧会、ショップなど、日々見つけたものを発信。

hyeres2021_newdeadline.jpg

先日お知らせした2021年度イエール国際フェスティバルのコンペティション応募締め切りが、2021年2月1日に延期されました。ファッション部門、フォトグラフィー部門、ファッションアクセサリー部門の全てのカテゴリーで受け付けが始まっているので、応募を考えているかたは公式サイトで詳細のチェックを。

また、35周年を迎えたフェスティバルのエキジビションは、2021年1月末まで会期が延長されることになりました。会場の「ヴィラ・ノアイユ(Villa Noailles)」はコロナ禍により現在閉館されていますが、外出制限の緩和に伴い12月15日に再開予定です。

今年の審査委員長を務めたジョナサン・ウィリアム・アンダーソン(Jonathan William Anderson)、パオロ・ロヴェルシ(Paolo Roversi)、ユベール・バレール(Hubert Barrère)のエキジビションのほか、ファッションとアートが堪能できる数々の展示があるので、コロナの早期収束を願いつつ、その一部をご紹介します。

hyeres35_2020nov26_03.jpg

「JW アンダーソン」と「ロエベ」のクリエイティブ・ディレクターを兼任するジョナサン・ウィリアム・アンダーソンのエキジビション。似て非なる二つのブランドのショーピースがアンダーソン自身のキュレーションで展開されます。


hyeres35_2020nov26_01.jpg

大御所フォトグラファーのパオロ・ロヴェルシの写真展。タイトルは「Silenzio(沈黙)」。静けさの中にロマンティシズム、情熱、人間の力強さを感じさせる写真が見る者を圧倒します。


hyeres35_2020nov26_02.jpg

刺繍工房「ルサージュ」のアーティスティックディレクターを務めるユベール・バレールは、コルセットデザイナーとしても活躍する人物。芸術と工芸をつかさどるギリシャ神話の女神アテナなどからイメージを広げた作品は、まさにテキスタイルの彫像です。


International Festival of Fashion, Photography and Fashion Accessories in Hyères
イエール国際フェスティバル 公式サイト:
https://villanoailles-hyeres.com

装苑オンライン関連記事:
第35回 イエール国際フェスティバル、ファイナリスト発表!
第35回 イエール国際フェスティバル、受賞者決定!
イエール、アクセサリー部門のグランプリはゴミから生まれた帽子

Photographs:濱 千恵子 Chieko HAMA
Text:B.P.B. Paris

MAGAZINE

『装苑』2021年1月号、11月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top