人類の冒険とファッションの関係を探究する展覧会が開催 From New York

ファッションウィークで幕を開ける9月のニューヨーク。FIT(ニューヨーク州立ファッション工科大学)美術館で9月15日から「エクスペディション:ファッション・フロム・ザ・エクストリーム(Expedition: Fashion from the Extreme)」展が開催されている。地球の極地や、宇宙のような最も過酷な自然環境の中で人類が生き抜くために編み出した服の形と、それをラグジュアリーなハイファッションのテーマとして採用してきた歴史を探訪できるユニークなテーマの展覧会となっている。

例えば、今日の高機能コートのルーツは、北極圏のイヌイットたちによって生み出されたずきんのついた防寒着「アノラック」であり、1890年から1922年のヨーロッパの極地観測隊が採用し、20世紀半ばには極寒地での作業着としてダウンジャケットが開発される。

展示作品は、FITの所蔵コレクションやプライベートコレクションなどからの作品約70点。会場は北極、深海、山岳、熱帯、砂漠、さらには地球外といった厳しい環境をテーマにして作品が展開され、最先端テクノロジーの素材を展示しつつ、これらの冒険からインスパイアされたハイファッションが紹介されている。機会があればぜひ訪れては?


ny170927.jpg

月面着陸など人類の宇宙への意欲が高まる1960年代、ファッションも宇宙の時代がテーマに。
写真はピエール・カルダンのコレクション。
Pierre Cardin, Cosmocorps collection, 1967 Photograph by Yoshi Takata / DR Copyright Archives Pierre Cardin


ny2170927.jpg

ジョン・コーワンが1964年に氷河で撮影したファッション写真。
Photograph by John Cowan, 1964 Copyright The John Cowan Archive


ny3170927.jpg

左 アンドレ・カレッジの1968年頃のドレスと、ピエール・カルダンの1965年頃のハットは水泳着のよう。
André Courrèges, dress, circa 1968, France. Gift of Bernie Zamkoff. Pierre Cardin, hat, circa 1965, France. Gift of Janet A. Sloane. ©The Museum at FIT
中 イヴ・サンローランが1968年に発表したサファリチュニック。
Yves Saint Laurent, safari tunic, 1968, France. Gift of Mary Russell. ©The Museum at FIT
左 ヨウジヤマモトの2000-'01年秋冬のフードドレス。
Yohji Yamamoto, ensemble, fall/winter 2000, Japan. ©The Museum at FIT


「Expedition: Fashion from the Extreme」
期間:2017年9月15日(金)〜2018年1月6日(金)
場所:The Museum at the Fashion Institute of Technology
   7th Avenue at 27th Street, New York, NY 10001
時間:12:00〜20:00(土曜10:00〜17:00) 日・月曜休
TEL:212-217-4558


『装苑』2017年10月号掲載

MAGAZINE

『装苑』2019年7月号、5月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top