「MEMUSE」2019S/S TOKYO COLLECTION ラッピング。そのなかにある大切なものとは?

YJ-0420.jpg

でんぱ組.incのメンバー、相沢梨紗が手がけるブランドMEMUSEのランウェー。会場の中央にはスキンカラーのアンダーウエアに身を包み、揃いのショートヘアのウィッグ姿の女の子たちが座っている。その周りをぐるりと一周するようにモデルたちは歩みを進めた。

今シーズンは「ラッピング」をテーマに、"包む"ためのモチーフ、リボンや、まるで包み紙のように張りのあるシースルー素材、フリル、お花などが随所にちりばめられ、ロマンティックに飾った。なかでもサイズや見え方も多種多様の"リボン"には女の子たちの夢が溢れているよう。

YJ-0016.jpg

YJ-0044.jpg

YJ-0068.jpg

YJ-0120.jpg

YJ-0130.jpg

YJ-0156.jpg

YJ-0185.jpg

YJ-0216.jpg

YJ-0229.jpg

YJ-0254.jpg

YJ-0273.jpg

YJ-0286.jpg

YJ-0340.jpg

YJ-0359.jpg

YJ-0381.jpg

YJ-0404.jpg

ショーの後には「"ラッピング"には、贈り物という意もありますが、その中に大切なものが包まれているということを表現しました」と語ったデザイナーの相沢梨紗さん。女の子のなかにある夢や憧れやときめき、その他にも入り混じった様々な感情や側面を服に託しているようにも見て取れる。単にロマンティックさやファンタジーを詰め込んだドール風などでは決してなく、透ける素材を多用して着る人の肌を視覚に感じさせ、ファンタジックなデザインにも人間らしさを与えているようで、「MEMUSE」のこれからが楽しみになるコレクションだった。

YJ-0477.jpg

ブランド:MEMUSE / メミューズ
デザイナー:Risa Aizawa / 相沢梨紗

MEMUSE 
twitter.com/MEMUSE_official
www.facebook.com/memuse.official/
www.instagram.com/memuse_official/

MAGAZINE

『装苑』2019年1月号、11月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top