「matohu」2019S/S TOKYO COLLECTION 小さき衣

matohu1811071.jpg

matohuのデザイナー、堀畑裕之さんと関口真希子さんは布と衣に真摯に向き合うふたりだ。毎シーズンのコレクションに服は単なる消費財ではない、長く大切に着続けてほしいというメッセージを込める。日本の伝統文化や国内の民芸に光を当てながらそうしたメッセージを発信することが少なくない彼らが、今回のコレクションで着想源としたのは、津軽地方(現在の青森県弘前市近辺)に古くから伝わる、「こぎん刺し」だ。その昔、「小衣(こぎぬ)」といった丈の短い、藍染の麻の労働着。この小衣の肩や前後身ごろにびっしりと、布を厚く丈夫にし、冷たい風を通さないために刺し子したのが「こぎん刺し」。このこぎん刺しの手法や柄をモダンに昇華した美しい新作が、彼ら自身の解説によって披露された、この夜。バックには、ふたりが津軽地方を巡った映像が流れていた。

matohu1811075.jpg
matohu1811076.jpg
matohu18111072.jpg
matohu1811073.jpg
matohu1811074.jpg

3人のモデルが登場した後は、ゲストは会場内を自由に歩いて回れ、作品に触れながら見ることのできるプレゼンテーションスタイルだった今回。手から手へ実直さと温もりを伝えていこうというふたりの意向に、日本の未来に、次の世代に、何を受け継ぎ残していかなければいけないのかということを想わずにはいられなかった。

matohu1811078.jpgmatohu18110711.jpg
matohu1811079.jpg
matohu18110710.jpg

ブランド:matohu / まとふ
デザイナー:Hiroyuki Horihata・Makiko Sekiguchi / 堀畑裕之・関口真希子

matohu
www.matohu.com

MAGAZINE

『装苑』2018年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top