「malamute」 2019 S/S TOKYO COLLECTION 意思を持った女性の多面性を、服で表わして

malamute181114.jpg

これまで展示会形式で発表してきたmalamuteの初ランウェーショー。テーマは「Re:」。会場の床面を埋め尽くす淡い色彩の画像は、デザイナーの小高真理自身がポラロイドカメラで撮影した写真を拡大したもの。そして座席には、「マームとジプシー」の藤田貴大によるテキストを印刷した、一葉の紙が置かれていた。

「わたしたちはどうしてだろう、忘れてしまう。あのとき、なにかがほころんだのは憶えている。しかしなにがどうして、ほころんだのだっけ。」

藤田が今コレクションのために書き下ろした文章は、malamuteの2019年春夏コレクションを考えるのに多くの内容を示唆していたことがわかる。まず、ファーストルックに登場したのは、ジャカード織でバラ模様にほころびを作ったニットのロング丈ドレス。これは、デザイナーの小高自身「いちばん思い入れがある」と語っていたアイテムだ。バラは着ているうちにどんどんほころんでその人固有の模様を形成するが、実はこのほころびはコンピューター制御されており、一定のポイントで目が止まるよう計算されているという。

malamute2181114.jpg

malamute3181114.jpg

malamute5181114.jpg

malamute4181114.jpg

malamute6181114.jpg

malamute7181114.jpg

malamute8181114.jpg

ジャカード織で柄を組み込んだニットや、かぎ針編み風のニットドレスなど、もともと、ニットブランドとしてスタートをきったmalamuteらしいニットのバリエーションが深い印象を残す中、スカーフ柄のプリントや、オパール加工を施してテキスタイルに表情を与えた布帛のアイテムも充実する。デザイナーの小高は、初めてランウェーショーを行なった理由の一つを「動くことで分かるディテールを見せたかったから」と語っていたが、その言葉通り、フリンジや、パンツやスカートの一部となったシアーな透け感のある素材が、ランウェーを歩くモデルの動きとともに風になびいて軽やかな印象を与えていく。そして、コレクションは布帛とニット、それも手の込んだハンドニットとの組み合わせを含むルックへと展開。

malamute9181114.jpg

malamute10181114.jpg

malamute11181114.jpg

malamute12181114.jpg

malamute14181114.jpg

malamute15181114.jpg

malamute16181114.jpg

malamute17181114.jpg

malamute18181114.jpg

malamute19181114.jpg


今コレクションの出発点になっていたのは、クリストファー・ノーランによる2000年の映画『メメント』であり、今年(2018年)初め、藤田貴大率いる「マームとジプシー」の公演「みえるわ」のために衣装を制作した経験、さらにはその公演を共作していた小説家、川上未映子の詩「まえのひ」であったという。
『メメント』の登場人物のように、記憶が短時間で消失するとしたら?その中で、すべての日が何かの「まえのひ」だとしたら。そんな思いの中で「過去の自分と会話するように作っていった」と、デザイナーの小高は言う。
「色んな情報が入った上でも、自分の軸をしっかり持っている大人の女性像をイメージしました。なので、『メメント』のイメージもありつつ、あえてディテールもテーストもバラバラのコレクションにしています。2000年代のファッションでは、様々なカルチャーも過去のスタイルもミックスされてきたと思うのですが、今、その年代が気になっているという気分もあるかもしれません」。


ブランド:malamute/マラミュート
デザイナー:Mari Odaka/小高真理

malamute:malamute-knit.com

MAGAZINE

『装苑』2019年1月号、11月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top