「JENNYFAX」2019A/W TOKYO COLLECTIONS シュエ・ジェンファンが今"かわいい"と思っていること

a.jpg


幼少期の思い出や故郷、そして女の子の"かわいい"をキーワードに自身のクリエーションを披露する、ジェニー ファックス。今季は特別なテーマを持たせることなく展開しつつも、ローティーンのかわいくなりたい女の子を彼女自身の中で妄想したのだそう。


b.jpg


c.jpg


e.jpg


f.jpg


i.jpg


j.jpg


k.jpg


ショーは大きなバルーンシルエットのドレスからスタート。砂糖菓子のようなピンクやブルーの色合い、ショート丈のバランス、一貫したボーダーのタイツがポップガーリーな雰囲気。そんな中、ひと際目を引いたのは、スカートがずり落ちてしまったように見えるボトムス。このショーツとスカートもレイヤーされた1つのアイテムだ。また、好きなものを好きなように合わせてしまったような異素材ミックスのコーディネートや、だっぽりとしたオーバーシルエット感が背伸びしておしゃれを楽しみたい少女の感情を現すかのよう。指につけたホイップクリームやケーキのモチーフもそんな雰囲気を感じさせる。


g.jpg


l.jpg


d.jpg


h.jpg


n.jpg


o.jpg


p.jpg


しかし、ただガーリーなだけではないところがこのブランドの魅力のひとつでもある。一見"かわいい"と言いあらわしてしまうが、妙に露出の多いバックスタイルや危うさを思わせる透け感、独自のディテールやパターンで構築された、少しシュールで不思議な世界観に興味を掻き立てられるのだろう。最後は大音量の「結婚行進曲」とともにフィナーレ。(編集部T)


ブランド:JENNYFAX/ジェニー ファックス
デザイナー:シュエ・ジェンファン

JENNYFAX
jennyfax.com/


MAGAZINE

『装苑』2020年5月号、3月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top