ジュエリー文化発展のためのオリジナルアワード『Jewelry Design Award 2018 ~ The 10th anniversary of foundation of Jewelry Asset Managers ~』3部門で受賞作品が決定!

je180316


ジュエリープランニングの専門会社である株式会社ジュエリーアセットマネジャーズが、設立10周年を記念するイベントの一つとして開催した『Jewelry Design Award 2018 ~ The 10th anniversary of foundation of Jewelry Asset Managers ~』。リフォーム・オーダージュエリーのデザイン力の底上げを図り、ジュエリーの文化発展に貢献することを目的にとしたこのイベントは、2015年開催の「aidect Jewelry Design Award 2015」に続く第2回目のアワードとして昨年10月より公募を開始、合計1,726点ものデザイン画が集まった。 学生、一般、デザイナーの3部門を設けられ、社内デザイナーによる一次審査、ウェブ投票による二次審査のあと、特別審査員による最終審査で受賞作品が決定。3月14日の受賞式には選ばれた11名が参加した。


je2180316


総評として、特別審査員を務めたコシノジュンコさんは「ジュエリーは、人が身に着けて初めて生きるわけですから、デザインするときから自分が付けたいとか、誰かにつけてもらいたいとか、そうした意識を持つことが必要です。デザインという行為はとても自由ですが、デザインをしすぎると変なものになってしまいます。デザインの基本は整理することで、そこからプラスするのか、マイナスするのか。そのためには、どんなシチュエーションで誰が使うのかというイメージが必要。トータルで見ることができなくてはよいデザインは描けません。また、大事なのは身につけて楽しいと感じられること。私にとっては重くないことが重要。身に着けて前向きな気持ちになれなくちゃ意味がないですから、わたしは軽いものしかつけません。最後に、デザインは美しければ多くの人が賛同してくれます。あとは、美しい物とは一体何なのか、ということですね」と語った。


je3180316


学生部門の表彰風景。最優秀賞に選ばれた吉野茉倫さん(文化服装学院)に賞状が授与される。後ろは学生部門 優秀賞の石川智裕さん(文化ファッション大学院大学)と飯沼千尋さん(日本宝飾クラフト学院)。


je4180316


写真下段左から、株式会社ジュエリーアセットマネージャーズ 代表取締役社長 藤野匡生さん、特別審査員のファッションデザイナー コシノジュンコさん、一般部門最優秀賞 阪野永里奈さん、デザイナー部門最優賞 小田原 集子さん、学生部門最優秀賞 吉野茉倫さん、特別審査員の装苑編集長 児島幹規、日本ジュエリーデザイナー協会会長 小宮宇子さん。上段左から、デザイナー部門優秀賞 黒沢秀二さん、同 内藤伊織さん、同 遠山友里さん、同 島村弘美さん。一般部門優秀賞 近 宏記さん、同 登野城 明さん、学生部門優秀賞 飯沼千尋さん、同 石川智裕さん。

受賞者には賞金授与やホームページでの掲載、またデザイナー部門の最優秀受賞者にはジュエリーアセットマネジャーズとのコラボレーションで、ジュエリーのセミオーダーブランドaiStyleの新デザインに携わり商品化、またウェブサイト内で自身の作品を委託販売が行われる。


je5180316学生部門最優秀賞 吉野茉倫さんの作品
インパクトの強いデザインだが、扇子のようにも見える和を思わせるデザインであり、トップにつけられたパールの上品なワンポイントや、デザイン自体はシンプルな構成であるため、個性的な強さを持ちながらも、服とのバランンスがイメージしやすい作品。


je6180316一般部門の最優秀賞 阪野永里名さんの作品
リングには珍しいネイビー×ゴールド、そしてアンバランスなデザイン。人間の体に沿った丸みをデザインするジュエリーが多いなか、それに反した構造物のようなシルエット。個性的な人を演出する新たなデザインへの挑戦を感じる。


je7180316デザイナー部門 最優秀賞 小田原集子さんの作品
一見、ありがちなものにも見えるが、微妙なサイズの変化など緻密に計算されたことで美しさを作り上げている。華やかではあるが、単なるゴージャスでもない。女性らしい繊細さも感じさせる、シンプルながら強いデザインが評価された。


このアワードに関する情報は 株式会社ジュエリーアセットマネジャーズ 
WEB:www.aidect.jp



MAGAZINE

『装苑』2018年11月号、9月28日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top