コトリフィルム×グリムスパンキー×エデンワークスが手がけた、三越伊勢丹グループ「花々祭」オリジナルムービーをチェック!

まだまだ寒い日が続き、うららかな春の日差しが恋しいこの季節。三越伊勢丹グループ各店では2018年2月21日(水)~3月6日(火)まで、春色に染まる「花々祭」キャンペーンを開催。一足お先に春のコレクションが店内を彩ります。


hanabana3180216.jpg


hanabana4180216.jpg


このキャンペーンのために『装苑』でもおなじみのアーティストが集結し、4つのストーリーが交差するオムニバス・オリジナルムービー『WILD FLOWERS ~花を愛する人々~』が誕生!コトリフィルムの島田大介さんがディレクションし、グリムスパンキーがオリジナルソング「The Flowers」を制作。そしてキャンペーンを象徴する美しい花々を演出するのはエデンワークスの篠崎恵美さん。『花を愛する人々』をコンセプトに、1960年代から70年代にかけて巻き起こったフラワームーブメントからインスパイアしたムービーは、新しい季節に向かう高揚感を表現。劇中のモデルたちが着こなしている、マメやビューティフルピープルなどの2018年春夏ファッションにも注目したい。


hanabana2180216.jpg


hanabana1180216.jpg


また、伊勢丹新宿店本館ショーウインドーには、オリジナルムービーとリンクした、自分が夢中になれるものに情熱を傾けるエイジレスな人々をモデルにしたリアルマネキンが登場。「包括性」と「多様性」を表現したインスタレーションも展開する。ムービー同様、篠崎さんが手がけるウインドー内に飾られた花々は、キャンペーン期間を通してドライフラワーへと変化を遂げ、廃棄処分されるのではなく、新たな価値を付加されていく様子も見ることができる。

hanabana8180216.jpg


更にうれしいのは「WILD FLOWERS PROJECT」。ムービーで使用した花々をドライフラワーにして、三越伊勢丹グループの一部ショップにて5400円以上お買い上げの方に、先着でプレゼントするそう! このほかにもイベント盛りだくさんで開催される「花々祭」で、早速春気分を楽しもう!



Qotori film Inc./コトリフィルム
2008年設立。島田大介、鎌谷聡次郎、佐渡恵理、吉開菜央、ミラーレイチェル智恵による映像ディレクターズカンパニー。 アナログ感のある作風を軸に、Music VideoやCM演出、デザイン、ファッションブランドの映像などを手掛ける。

hanabana7180216.jpg


GLIM SPANKY/グリムスパンキー
ロック、ブルースを基調にしながらも、新しい時代を感じさせるサウンドを鳴らす、松尾レミ(Vo&Gt)と亀本寛貴(Gt)からなる男女二人組ロックユニット。 アートや文学やファッション等、カルチャーと共にロックはあることを提示している。ハスキーで圧倒的存在感を放つヴォーカルと、ブルージーで感情豊かなギターが特徴。 ライブではサポートメンバーを加え活動中。

hanabana6180216.jpg


篠崎恵美 (edenworks/エデンワークス)
独自の感性で花の可能性を見つけ、植物と様々なアイテムを使って店内装飾からウィンドウ、雑誌、広告、CM、ミュージックビデオなど、花にまつわる様々な創作を行っている。また、2015年にフラワーショップ「edenworks bedroom」を代々木上原にオープン。さらに2017年は紙の花のプロジェクト"PAPEREDEN"をミラノで発表。また、ドライフラワーショップ「EW.Pharmacy」も奥渋谷にオープンさせた。

hanabana5180216.jpg


三越伊勢丹グループ「花々祭」キャンペーン
期間:2018年2月21日(水)~3月6日(火)
場所:三越伊勢丹グループ各店
WEB:www.miguide.jp/hanabanasai

「WILD FLOWERS PROJECT」
伊勢丹新宿店本館3階=リ・スタイル(先着200名さま)、日本橋三越本店本館3階 ミグジュアリー(先着150名さま)、銀座三越3階ルプレイス/ニューヨークランウェイ(先着100名さま)にて、それぞれ5,400円以上お買いあげの方に、ムービーで使用した花で作ったドライフラワーをプレゼント。
※なくなり次第終了します。



MAGAZINE

『装苑』2018年9月号、7月27日発売!

calendar

-event -promotion -exhibition

Page Top